冬に気遣うからだの部分は「骨」と「肺」

冬に気遣うからだの部分は「骨」と「肺」

歳をとると若い時には感じられなかった季節の微妙な変化をからだで感じるときがあります。そうしたからだで感じる変化を探っていくと先人たちの知恵に驚かされることが少なくありません。医療が現代より発達していない時代にもかかわらず、そうした知恵が経験値から生まれていたのですね。