ヤフオク出品に関しての絶対やるべきことと工夫。

スポンサーリンク




自分が落札する立場になれば自然とチェックしている事を記載する。

新品なのか?

新品でなければ、何年製造とか購入して何回使用だとか、使用年数が

分かるような情報を記載する。

動くのか?

新品でも動かなければ意味が無い。

動きさえすればよいという人もいれば、動かなくても良いという人もいる。

「中古」は通常通り動作する時に使用する言葉。

「ジャンク」は一部機能が使えないなど、通常の商品として成立しない時に

使用する言葉。ジャンク商品は主に部品取りなどに利用される場合が多い。

綺麗なのか?

汚れがあり落ちない、傷があるなどの情報を記載します。

傷があっても本体の後ろにある場合など、通常使用では目立たない場合でも

あとあとのトラブルが無いようにしっかり記載します。

高く売りたいのは分かりますが、情報不足や嘘はあとあと面倒です。

大きさは?

幅や高さ奥行といった寸法を記載しましょう。

落札希望者が、自分の部屋のどこにそれを置くのか?

そうしたイメージがしやすいような情報を記載する事が大切です。

出品カテゴリー

昔、余っていた白のTシャツを10枚アパレルのカテゴリーに出品した

事がありました。いらないものなので500円でオークションをスタート。

2週間たっても売れず、夏も本番を過ぎようとしていました。

そこで、プリンターのコーナーに出品してみました。

本来、オークションをYahoo側から削除されてもおかしくない、場違いな

カテゴリーに出品しました。

出品の取り消しをされないために工夫したのが、掲載記事です。

チームでおそろいのTシャツ!

アイロンプリントで簡単に作れますが、まずは失敗しても良いように

激安の城のTシャツを10枚、500円からスタート!

といった内容にしました。

いわゆる、プリンター用紙と同じように、プリント素材としてTシャツを

位置づける内容にしたわけです。

すると、ぐんぐん値段が上がり、2800円で落札されました!

こういう知恵の使いどころもオークションの楽しさと醍醐味です。

(Visited 44 times, 1 visits today)
スポンサーリンク








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする