自分が自分である為のやりがいや仕事を探す旅に終止符を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




自分が自分である為のやりがいや仕事を探す旅に終止符を!

誰しもが、自分の夢があります。

しかし、その多くが具体的に描けておらず、今現状から、いつの日か

脱却したい!

でも、何をするのか?

何をしたいのか?

全く分からない。

とにかく今の状況でなければよい!

そんな感じだと思います。

僕もそうでした。

何が向いているのか?

以前、僕はお金持ちの社長に言われました。

「何が向いているかわからないなら、興味のあるものをかたっぱし

からやってみて、時間がたった時、やり続けているものが向いている

ものだよ。とにかく興味が少しでもあるものはやってみることです。」

そういわれた僕は、30代前半からいろいろやり始めました。

すぐに始めたくてもお金が無いものは、お金を貯めるまでに時間が

かかり、実行するまでに時間が掛かりました。

50手前となり、こういうやり方は違うと分かりました。

消去法では自分の一番ある興味を見つけるまでに時間が掛かります。

人に探してもらう

自分がそれらを探しに行くから迷ってしまうのではないか?

他人なら、自分を客観的に見てくれるので、もしかするとうまく言い当て

てくれるのではないか?

・・・そう思いました。

突然、真面目な顔をして

「俺、何に向いているかな?」なんて、尋ねても、素直な回答を得ることは

出来ないと思います。

食事中や食後の昼休みに・・・さりげなく・・・

「俺、結構こういう商談やこういう立ち回りは得意なんだけど・・・

そう思わない?」

なんて聞いてみると、

「お前は、そういうところうまいよな!」

と、返事が返ってくるときがあります。

他人がうまいと言ってくれることが自分の向いている事であったり、長所で

あったりするのではないでしょうか。

人を褒める前に必ず自分と比べるはずなので、その上で

「お前は、そういうところうまいよな!」

と、言われれば、少なくともそういってくれた友達よりは秀でているはずです。

そうやって、自分の良いところを見つけていけば早いのかと思います。

他人に褒められたこと=自分の武器

他人に褒められたことを思い返してみると、自分はそれをさほど苦労もせず

さらりとやっている事に気がつくはずです。

例えば、僕はこういう事をよく言われます。

「どうしてそんな発想思い浮かぶの?」

「アドリブやその状況に乗るのがうまいね!」

自分で書いていて恥ずかしいのですが、他人に言われることなのでご理解を。

色んなアイデアを想像しようと練習しているわけではなく、話している最中に

その相手にとって喜びそうなアイデアが沸いてきてしまう。

そして、そのアイデアがとてもユニーク。

けれど、僕自身としては、何の苦労もなく思いついてしまうから話しているだけ。

僕は台本があると苦手だけれど、突然の状況に対応する方が簡単。

こうしたことが、アドリブがうまいというところに繋がっているのだと思う。

けれど、僕自身、アドリブの練習をした事が無い。

やはり、人に褒められることというのは、自分が努力しなくても自然にできて

しまうようです。

努力しなくても褒められるものを持っているという事は、武器です。

腹が立つこと=自分の武器

自分が努力をしなくてもできてしまうという事は、簡単にできてしまうという事。

逆に、なんでそんなこと簡単にできないの?!と腹を立てることもあるという事。

自分にとっては簡単でも他人には難しい事。

これは、逆の立場になればわかります。

「お前!なんでそんなことも簡単にできないんだ?!」

と言われても、できないものはできない!

そういう経験ありますよね?

だから、きっと

「お前!なんでそんなことも簡単にできないんだ?!」

と思う事は、自分が簡単にできてしまう事であり、それは他人より秀でている

ということである。

そうやって、自分の武器を探すこともできます。

自分の武器を発揮できる環境

どんなに努力しても精度が上がらないし、得意にはならない。

そんな自分の横を何の努力もしないで、サッとこなしてしまう人がいます。

その人は、”それ”が武器だからです。

他人から気づかされる自分の秀でている部分がわかったら、それを活かせる

環境を探してみる。

(逆に、それを活かせない仕事や環境はバッサリ切り捨てる。)

僕のような場合なら、いろいろな相談に乗り解決のお手伝いをする仕事。

といった具合に、少しだけ「的(まと)」が狭まってきます。

そういう環境が無いなら作るという方法もあります。

・・・独立です。

努力もしないで他人がうらやむことが出来る才能を活かせる場所を探す。

きっとそういう事こそが、無理せず長く続けられる仕事ややりがいなのだと

思います。

まずは、それを見つけて、何の努力もしないで出来ている才能をその環境で

使いましょう。そのうちに、その才能を磨きたくなるはずです。

今、遠回りをした僕は、その環境を見つけるところまで来ました。

・・・オノマトペ