去年、手がけたトイレのDIY。なかなか収納力が有る!女性でも簡単なので作り方をシェア!

約1万円でDIYできちゃいました!

Before / After

Before

今回のDIY前のトイレ。

中途半端な”つっぱり棒”の棚は、あまり重いものをのせられず、

収納力もなく、何より寂しい雰囲気です。

天井までのスペースが、もったいなく感じます。

トイレットペーパーを2ロール。あとは小さな置物。… 寂しいです。

After

天井までのスペースが有効に使えそうです。

以下にDIY後の写真をアングルごとに掲載しました。

トイレットペーパーや置物などの大きさに合わせて、常に各棚の高さ

を変えることができて便利です!何より、壁に釘などを使いません。

賃貸物件でもこれならいろいろ作れます!

少しだけディスプレイ

ブリキ看板や小物をディスプレイしてみました。

好きなものに囲まれていると嬉しい!

…トイレの時間が長くなりそうです。

一番上の棚には12ロール分のトイレットペーパー。

まだまだ収納ができそうです!雰囲気も明るくなった気がします。

材料は以下の通り

電気ドリル式のドライバーがあれば手が痛くならずに便利ですが、

普通のドライバーでもなんとか組み立てられました。

細かい材料は以下の通り。

柱になる木材

材料費:1,080円 x 2本 = 2,160円(税込)

天井までの高さ2340mmから40mmを引いた2300mmで注文します。

40mmはディアウォールの厚みとして考えています。

棚になる木材

材料費:730円 x 3枚 = 2,190円(税込)

棚となる材料です。棚は3段作ります。

壁から壁 幅770~780mmだったので、少しだけ左右にゆとりを持たせ、

長さを760mmで注文します。

この板の奥行きは140mmです。

棚の高さが変えられるようにするアイテム

ウッドプラケット 材料費:830円 x 3セット = 2,490円(税込)

棚板を支えるためのものです。

これを棚板「ワンバイ材」にネジで取り付けます。

チャンネルサポート 材料費:620円 x 2本 = 1,240円(税込)

これを「ツーバイ材」の中心にネジで取り付けます。

「ツーバイ材」は幅89mmですので、だいたい45mm位のところに

センターラインを引きます。

そのセンターラインにチャンネルサポートをのせて取り付けます。

取り付けが完了したところです。

ディアウォールの取り付け

ツーバイ材の上と下にディアウォールを取り付けます。

これにより、ツーバイ材そのものが、超でっかいツッパリ棒になり

ます。床と天井にツッパリ棒を2本しっかり設置することで、それが

柱になり、そこに棚を設置することで棚が完成します。

材料費:1,090円 x 2セット = 2,180円(税込)

ツーバイ材に取り付けます。

2本のツーバイ材をトイレに設置したら、ウッドプラケットだけを

チャンネルサポートに取り付けて、棚の高さをイメージングします。

イメージが完成したら、棚用のワンバイ材にウッドプラケットを

取り付けます。

最後は、その棚をチャンネルサポートに取り付ければ完成です。

材料の購入先

ディアウォールは安いけれど木材は販売していない・・・。

DIYに必要な材料がすべて揃い、且つ、送料込みで一番安いお店

を探してみると…、楽天市場の「okamoku(オカモク)」が見つ

かりました。届いた木材・パーツが丁寧に梱包してあり、とても

良いお店だと思いました。

オカモク楽天市場店

あわせてお読みいただけると幸いです。

壁の修理-賃貸の壁に大きな穴をあけてしまった!

記事を気に入っていただけたら、SNSボタンでシェアをしてくだ

さいますと励みになります!

(Visited 53 times, 1 visits today)