お弁当のおかずに思わず笑顔になっちゃう!たまご焼きの作り方。

スポンサーリンク




最近の製氷皿(アイストレー)は素材がシリコンでできています。

耐熱温度は230℃ほどです。

この熱に強いということを利用しようと思います。

以前、耐熱温度を確かめるために、熱々の鉛を流し込んだことがあります。

その結果は?別の記事で記載しています。

今回、使用したのは、ニコちゃんマークの製氷皿。

Have an ice day!というしゃれたネーミングのもの。

ちなみに、取り扱っているお店が少なくなりつつあり、画像クリックでリンク

されるお店なら入手可能でした。

まず、卵を溶きます。

このまま、電子レンジに入れるのですが、卵が膨らむのでナミナミと入れない

ように溶いた卵を流し込みます。

レンジで20秒ほど、中の様子を見ながら加熱します。

溶き卵が急激に膨れだしますので、その兆候が見えたら20秒待たずにレンジを

止めて、やけどなどに注意をして、手で膨れてくる卵をサランラップかペーパー

ナプキンで膨らまないように押さえます。

そうすることで上ではなく横や下の方に卵が膨らもうとします。

結果的にまんべんなく膨らんでくれます。

そして、少し冷めたころを見計らって、卵を取り出します。

いかがですか? 簡単でしょ?!

料理の不慣れな男の僕でも一発でできました。

かわいい卵焼きがお弁当に入っていたら、思わず笑顔にいなっちゃいます!

ぜひお試しくださいね~。

ちょっと真面目に、製氷皿でスイーツを作ってみました。

よろしければご覧ください。

(Visited 126 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする