悩みを相談しても、みんなそうだよ!と友達に言われると納得がいかないが、大大大先輩に言われると安心する。

スポンサーリンク




僕は基本的に本が大嫌いです。

小学校の読書感想文を書くためにガリバー旅行記などを読んだけれど

ちっとも面白くないし、面白くないものだから感想文なんて書けない

・・・そんな小学校時代から、今も全く変わっていません。

けれど、自己啓発系の書物はたまに読みます。

悩んだ時などは、助けられました。

以前、どうしてこうも悩みが尽きないのか・・・?

そう疑問に思って、友人に問いかけると、「みんなそうだよ!」という

答えが返ってきました。

一瞬は安心したのですが、それもつかの間・・・ 本当かよ?

そんな疑念でいっぱいになりました。

結局、モヤモヤは解消されず・・・

そんな時、一冊の本に出合いました。

これ、お題の通り、大正時代の人が身の上相談をした内容と相談に

対しての回答が掲載された本です。

すっげー、面白い。

どこからでも読めます。

いろいろな悩みがあります。

僕と同じような悩みもありました。

あーーー、人間、時代が変わっても、悩みって同じなんだな・・・。

本当に安心しました。

ぜひ、一度、読んでみてくださいね。

(Visited 40 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする