気持ちを100%理解できるなんて言うことはない・・・ということ。

スポンサーリンク




■ 気持ちの理解

「あんたに俺の悲しみがわかるか?」

そう言われても、判らなくはないけれど完全に理解できるわけではない。

それは、ある意味、その個人の持つ「器」によるところが大きいと思うからです。

悲しい気持ちを「100」溜められる人と「10」しか溜められない人がいたとして、

その数字を超えたとき、涙があふれたとします。

「100」溜められる器の持ち主が「101」になったときにこぼす涙・・・。

それを「10」溜められる器の持ち主が、その悲しみを理解できるでしょうか?

・・・・たぶん、無理。

相手と自分がどれだけの器を持っているのか?

もちろん、それを数値化することは無理なので、相手が「100」なのか、まして

自分自身が「10」なのかどうかもわからない。

自分と相手の器の大きさもわからないのに、同じ気持ちを理解し合うことは不可能。

■ いろいろな気持ち

悲しみも楽しみも幸せも不安も・・・

気持ちというものは、相手に完璧に理解してもらえるものではない。

相手の100%の喜びは、自分の器に置き換えたら10%かもしれない。

その逆もある。

それを、どうして理解してくれないんだ!ということは酷というものです。

・・・オノマトペ。

(Visited 35 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする