仕事60「運転代行」編

■ 60以上の仕事を経験した僕。

すごいでしょ?!

・・・と、自慢しても、単なる腰の落ち着かないヤツ・・・で終るのが世間。

でも、いいのだ!

きっと、何かの役に立っているのだから。

きっと、これから何かの役に立つのだから。

なにより、人生充実してる。

これだけ、腰が落ち着かなかったら、これはもはや長所。

環境適応力が優れているという事ではないか!?

・・・と、勝手に想っている今日この頃。

僕の経験した仕事を感想を含めて1つずつご紹介。

仕事内容と感想を綴るだけの大して面白くない記事ですので、お暇な時にどうぞ。

■ 大学卒業までに経験した仕事 (21/24)

運転代行

だーかーらー・・・ピザの配達の時もそうだったけれど、都内の道を知らないのに、

なんでこういう仕事をするのかねぇ~って、当時の僕に忠告したい。

この仕事は、いわゆる夜の代行ではなく、昼間の代行。

たとえば、納車をした後、スタッフが乗って帰る車の運転代行やトラックに積んだ

荷物をトラックごと納品したあとのスタッフの足としての代行・・・なんかをしました。

基本2tか4tの車を運転しました。

代行の場合、2台で向かい、1台で帰ってくるのが基本です。

僕は、道を知らないので、先輩が先を走り、その後を僕がついていく。

帰り道は、先輩の運転で帰ってくる。

このパターンでお仕事をさせていただきました。

先を走る先輩の後についていくのがとても大変でした。

信号で見失わないように、必死で後を付いて行きました!

当時は、カーナビなんてありません。

おまけに、僕、地図、読めません。地図を回さないと見れない人です。

当然、授業の「社会」は大嫌い。勉強しなかったもんなぁ。

・・・と、嘆いても後の祭り。

はぐれたら、地図。

まれに、一人で代行するときもあって、そんな時は地図が読めない!

なんて、言ってられません。 もう、軽いパニックですよ。

地図通りに進んでいても、右折専用車線や左折専用車線・・・・

へんな車線に入ってしまったら、曲がりたくても曲がれないし、まっすぐ進みたく

ても、曲がざるを得ない・・・。

当然、時間が超かかる。

♫ 行きはよいよい、帰りは恐い~ ♪ ってやつ。

おてんとう様が高いうちに出かけたのに、陽もどっぷり暮れたころに帰社。

雇い主も心配だったことでしょう。

イライラしたと思います。

・・・ごめんなさい、でした。

地図を必死になって読み、知らない道を運転する!

精神的に成長できた仕事でした。

・・・・オノマトペ。

(Visited 5 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする