体温計を購入してみました。デジタルですが、ちと遅い。でも、アナログより正確で早い。

昔の体温計 楽しさ

昔っから、我が家の体温計は水銀のタイプ。

このタイプの体温計で楽しいところといえば、体温を測り終えた後、水銀を元の

位置に下げる作業でしょうか・・・。

多くの方は、振って水銀の位置を下げますよね?

実は、あれ、もっと楽しい方法があるんです。

こうやって、ケースに体温計を入れた状態でぐるぐると回すと紐がよじれます。

紐がよじれたら、両側から紐を引っ張ると、体温計がグルグルと新体操の鉄棒の

ように回ります。

こんな感じにしたら、左右の紐を引っ張るだけ。

回転が終わって、体温計を見ると、あら不思議!

水銀の位置が下がっています。

・・・と、まぁ、少し楽しい!

説明書もあるようです。

電子体温計を購入

アナログも楽しいのだけれど・・・結果までが、遅い。

そして、若干、アバウト。

なので、電子体温計を購入してみました。

一瞬で測れるものは高いので、そこそこのものを購入しました。

送料込みで530円(税抜)。

コピーではありますが、ちゃんと手書きのメッセージも添えられていて嬉しいです。

こういう心遣い、お店に対して安心を感じます。そして信頼しちゃいます。

実際に使用してみて・・・

あれ? まだ・・・ まだ・・・?

1分から2分で、ピーピーピー。

そんな感じです。

届いたその日は、4回くらい測ってました。

なんか、面白くて・・・食前食後、寝る前とか・・

電子体温計は電池が無くなると入れ替えなければなりません。

また、この体温計は、スイッチを押して電源を切らないと、ずっと点いています。

こういうものって、たいてい自動でOFFになると思っていました。

これらの点を除いては、アナログよりいいかも?

ただ、アナログも気に入っているので、捨てずに常備しておこうと思います。

それにしても、送料込で530円(税抜)・・・CITIZEN製の体温計ですよ?!安い!

お店の対応も素晴らしいし、良い買い物をしたと思います。

・・・・オノマトペ。

(Visited 1 times, 1 visits today)