氷でショットグラスを作ってみた。意外にコレ、いい!!

今回、この製氷皿を使って「氷のショットグラス」を作ってみました。

完成するショットグラスの大きさは、1個が直径約3.8cm x 高さ約5.1cm。

一度に4個作れます。

水を多く入れすぎると、すべてのショットグラスが凍ったときにくっついてしまうので

いい塩梅のところで加減します。

ただ、水が少なすぎると、ショットグラスの底が薄くなりすぎて、飲み物を注いだ時、

すぐに穴が開いてしまうので、経験が必要です。

完成した氷を取り出すときは、手で温めるなどしてから製氷皿の底から押し出すように

して、氷を抜き取りますが、結構、力が必要でした。

あまり力を入れすぎると氷が割れてしまうので、これも経験が必要です。

ほんの少し溶けたかなと思ったら、取り出すのがよさそうです。

取り出した段階では、ショットグラスが溶け始めているので、再度、冷凍庫に入れると

いう保管をすれば、丈夫なショットグラスが作れそうです。

また、そういう風にすれば、ショットグラスの作り置きも出来て便利です。

完成したショットグラスがこちら。

氷のスジが、なんとも和食器のようでおしゃれ!

写真を撮る段階で、結構溶けていたので、慌てて・・・・冷蔵庫にあったものを注ぐ。

・・・麦茶!!?(笑)

一口飲んでみる。。。。

ツメテェ~。

日本酒やウォッカ飲める人は、このショットグラス、いいかもね。

ショットグラスは氷なので、後片付けもいらないし・・・いいでしょ?

手が冷たいのが難点だけど、飲みすぎないかもしれないですよ~。

・・・オノマトペ。

(Visited 10 times, 1 visits today)