ものづくりは先人の知識の利用です。道具もない時代の人が作れて、僕に作れないわけがない!(焼印・刻印編)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




基本的にモノ作りは好きです。

今、作っているのは「刻印・焼印」です。

こういうものですが、これは専用の機械で真鍮という金属を彫ることで完成します。

木材に焼印として使ったり、革製品への刻印としても使えます。

機械がなくては出来ない・・・

そう思う前に、いつも僕が思うのは・・・

こういう精度の高いものでなくても、専用の機械がなかった時代でも刻印や焼印は

あったのだから、絶対、僕にもできるはずだということです。

今回の刻印・焼印に限らず、昔の人が機械の力を借りずにできたことは、基本的に

僕でもできる!と思うようにしています。

昔の人の知恵を探り、僕の身の回りにある道具で工夫する。

先人たちとの知恵比べに似たような感覚で、悩むことを楽しんでいます。

「道具」もろくにない時代の人ができて、物が豊富にある時代の僕にできない事はない!

この気持ちは大切ですね!

そして、途中まで完成したのがこちら。

プリンターとアイロンだけで真鍮に文字を転写したところです。

ここから、刻印・焼印にしていく訳ですが、後日、詳細をアップしたいと思います。

・・・・オノマトペ。