スキャンしたイラストデータの線を太くする方法。GIMPで「線を太らせる」簡単な方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




例えば、絵の上手な人にイラストを描いてもらったとして・・・

それをスキャンしてデータ化することは、ちょこっとパソコンのできる人なら簡単です。

しかし、スキャンしたデータのイラストを加工するとなると、ハードルが上がります。

僕の場合、描いてもらったイラストをTシャツやトレーナーに印刷をしたいと思いました。

Tシャツプリントの転写用紙だと、出来上がりのクオリティに満足出来ない!

だから、シルク印刷に挑戦しました。(詳細はこちら

シルク印刷は、細い線の再現は難しいというデメリットがあります。

スキャンしたデータは細い線もあり、なんとかそういう線を太くしたかった。

でも、一部分の細い線だけを太くすると全体的なバランスが崩れます。

  • すべての線を総じて一律に太くできないか?
  • 無料のソフトで出来ないか?

という条件で、知り合いのイラストレーターさんに聞いてみました。

GIMPなら線を太らせることができてソフトも無料!

「線を太らせる」

この言葉を知るまでは、ネットで検索しても具体的な方法はヒットせず・・・

図案をコピーしては、その上からサインぺンやボールペンでなぞってみました。

やはり、この方法では線の太さが筆圧でブレてしまい、納得いくものにはなりませんでした。

スキャンで読み込んだ画像を超拡大して、1点1点黒く塗りつぶしてもみました。

気が遠くなる作業に、あきらめざるを得ませんでした。

「線を太らせる」

この神のような言葉で問題は一気に解決しました。

高価なソフトウェアは持ち合わせていませんし、購入するつもりもありません。

しかし、「GIMP」というフリーソフトが「線を太らせる」ことが出来るのです!

早速ダウンロードしました。(「窓の杜からダウンロード」ボタンを押す)

GIMPで「線を太らせる」までの流れ

GIMPを起動させたら、スキャンした画像をドラッグ&ドロップします。

※ これより以下に表示される画像キャラクターには著作権が発生します。

©Watch Your Step。となりますので流用はご遠慮ください。

画像が開きます。

次に「ツール」⇒「選択ツール」⇒「色域を選択」とクリックします。

その次に、首元の黒い部分をクリックします。

以下のように線画の部分が斜線で選択されます。

選択」⇒「選択範囲の拡大」をクリックします。

選択範囲の拡大量を「5」にして「OK」をクリック。

この数字が大きければ大きいほど線が太くなります。

いろいろ試して、プリントアウトしてベストの線の太さを見つけるとよいです。

編集」⇒「描画色で塗りつぶす」をクリックします。

塗りつぶしが終わったら

ファイル」⇒「名前を付けてエクスポート」をクリックします。

とりあえず、名前を「555」と付けましたが、お好きな名前でどうぞ。

左下の「ファイル形式の選択」をクリックすれば、多くの拡張子が出てきます。

自分の場合「JPG」を選びました。

そして「エクスポート」ボタンをクリックします。

小さいウィンドウが立ち上がります。

品質を「100%」にして、「エクスポート」をクリックします。

これで、無事、線を太くすることができました。

左の画像が線を太くした画像、右が元の画像です。

この方法では、細い線だけを太くすることは出来ません。

総じて全部の線が一定比率のもと、太くなります

(太い線はもっと太くなるということ)

多少、もっさりしましたが、こうでないとシルク印刷が完成しません。

ここらへんで妥協しなくては・・・。

一枚の画像の中の線を1本ずつの線として認識し、総じて太さを調整できるなんて驚きです。

しかもフリーソフト!

GIMPのお陰で、シルク印刷は成功しました!

僕はこうしたグラフィック系のソフトは苦手ですが、これくらいなら簡単です。

何かのお役に立てれば幸いです。

・・・・オノマトペ。