根っからの勝ち組。その証明。自分が自分をどうとらえるかの問題だと思う。

勝ち組だの負け組だのテレビや書籍で人の感情をあおります。

僕は、すべての人が勝ち組にいると思います。

この世に生まれるためには、精子と卵子が結びつき、無事、お母さんの

おなかの中で育ち、出産を経てこの世に生まれてきますよね。

ここのところをもっと細かく考えてみますね。

例えば、僕が生まれるためには、僕を形成するための精子と卵子が結び

付いた結果ですが、精子のライバルは億を超えます。

億というライバルを押しのけて、卵子と結びついたわけです。

これだけでも超・勝ち組ですが、あの日あの時の精子と卵子でなければ

僕は生まれませんでした。

男性は、女性と結ばれなくても精子を出すことができます。

少なくとも、僕を形作った精子は、そういう無駄打ちのリスクを何度も

何度も回避してきました。卵子にしても、無駄に流れてしまう月を回避

して、あの日あの時、結びついたわけです。

そういうことを考えたら、この世に生を受ける確率なんていうものは

何十億分の一・・・いや、それ以上かもしれません。

親父やお袋が生まれることだって、そういう確率があるわけだから、

そういうことを言い出したら、もう天文学的な数字となります。

つまり、この世に生まれてくるということは、それだけで勝っていると

いうことになります。

運も手伝って、ライバルも蹴落として生まれた僕らは、生まれなかった

僕の分身たちの分まで人生を楽しんであげる責任がある。

生まれてこなかった僕は、職人になりたかったかもしれない。

生まれてこなかった僕は、スポーツ選手になりたかったかもしれない。

生まれてこなかった僕は、・・・・・

生まれてこなかった僕は、・・・・・

一億通り以上の僕の分身のために、今以上に人生を楽しみ経験しなければ

蹴落とされた分身の僕に失礼ではないかと思う。

目先の勝った負けたに左右されない。

すでに、勝っているのだから。

勝った人は負けた人の分まで責任を負うべきだ。

・・・・オノマトペ。

(Visited 7 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする