今日から社長です。いや、前から独立して一応、社長なのですが・・・本当の社長になるよ。(健忘録)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




僕の立場

個人事業主というのは、社長と呼んでいいものかちょっと疑問ですが・・・

まぁ、自分で全てを決めて仕事をしているわけだし、社員は自分だけですが

社長という立場だと言えます。

僕の会社が大きくならない理由

■ いつか会社が大きくなったらあんな機械を買おう

■  仕事がうまくいったらあんなシステム導入しよう

■  お金があったら新規事業を展開しよう

■  時間があったらいろいろチャレンジしてみよう

こう考えるということは、

”今”は・・・

■ 会社が小さい

■ 仕事がうまくいっていない

 お金がない

■ 時間がない

ということだ。

遠回しに、今の状況を自分に言い聞かせてしまっている。

ネガティブな思想や現実を、事あるごとに自分に言い聞かせていれば、そこ

から抜け出せなくなり、そういう生活をずっと送るようになってしまう。

ネガティブなことがなければ・・・

■ あんな機械を買おう

■ あんなシステム導入しよう

■ 新規事業を展開しよう

■ いろいろチャレンジしてみよう

ということになる。

実際、今の状況がネガティブだとしても、空想だけはポジティブにしよう。

ネガティブな言葉をとってしまえば、機械が買えて、システムを導入出来て、

新規事業を展開出来て、いろいろチャレンジできる!

まずは、思考を変える必要がある。

ネガティブな思考のせいで、今の状況に陥り、抜け出せなくなっているとい

う現実がそこにあるのなら、その逆もまた真なり!

考えを変え、ポジティブな言葉で自分を言い聞かせれば、そういう現実にも

なる!

真の社長とは何を考えているのか?

真の社長は何を考えているのだろうか?

リスクヘッジとして、ネガティブな要素を推測することはあっても、○○だ

からできないとか、○○だからお金にならない・・・なんていうことは考え

ない。と、思うんです。

今までの僕は、成功していない自分の理由を勝手に作り上げていました。

そして、その環境に自ら陥ってしまい、抜け出せなくなっています。

リスクヘッジ以外のネガティブな推測は、今の僕には必要ありません。

僕に必要なのは、真の社長としての思考と生活です。

思考の上書き

朝起きて、寝るまで・・・真の社長はどう考え行動しているのか?

ネガティブな思考のせいで、今の状況に陥り、抜け出せなくなっているとい

う現実がそこにあるのなら、その逆もまた真なり!

考えを変え、ポジティブな言葉で自分を言い聞かせれば、そういう現実にも

なる!

だから、真の社長の思考と生活をイメージして、今の僕に上書きすることで、

機械が買えて、システムを導入出来て、新規事業を展開出来て、いろいろチャ

レンジできる現実が手に入るはずです。

真の社長の思考と生活

真の社長の生活とは?

そう言われても僕にはハッキリとイメージできません。

きっと、これが良くないのでしょう。

出来ない理由はハッキリ思い描けても、理想の社長の生活は思い描けません。

笑われるかもしれませんが、まずは、今とは真逆の生活を描くことで、それを

理想の生活としてみます。

勝手に想像する真の社長の思考と生活

朝起きると、今日のお金儲けのアイデアがどんどん湧いてくる。

アイデアは、失敗しようがない堅実的なもので、初期投資などはほとんどない。

すべて仲間と作り上げることができ、儲けはすべて仲間と分配できる。

自分のできることを責任をもって確実にこなすことが、儲けとなる。

仲間はそうした責任感のある人物たちだけで構成されているプロ集団。

そうしたアイデアを簡単にメモしたら、軽めの朝食をとる。

ゆったりと朝を過ごして、自分を必要としている現場に向かう。

現場では、自分に求められたことを確実にこなして過ごす。

求められることと報酬のバランスが狂う時があるが、お互いの甘えにつながる

ので、サービスは15分までと時間が決まっている。

日中は、昔ご縁のあった人などへのアプローチを行う。

懐かしい人と連絡をとったり、SNSで新しい友達を作るようにしている。

工場などの職人さんには、積極的にアプローチをして、会いに行く時間を作る。

人の時間を無駄に使うようなデリカシーの無い相手とは付き合わないようにする。

たとえ、ビジネスとならなくても、相手の時間のことを意識する人物とは、その

うち「ご縁」が出てくるので、大切につないでおく。

夕方、ゆったりと自宅に戻るが、その途中、人の困っていることなどに目を向け

ながら、人を観察することを忘れない。

自宅では、SNSなどの友達作りを行いながら、ゆったりと好きなように過ごす。

お金の心配はしない。勝手に入ってくるから。

どちらかというと、勝手に入ってくるお金の「質」を上げるようにしている。

誰もが喜び・感謝し、その結果、自分がいただいてもよいお金が入ってきている

か?

つまり・・・

自分がいただいても良いお金なのか?

いただいたお金の金額は自分の仕事に対して相応の額か?

そこだけを確認する。

そうした「質」の良い入金ルートを複数作っていけるように創造する。

それが翌朝のアイデアとなって降ってくる。

不安も焦りもない、自信と素晴らしい未来だけがある心躍る毎日を真の社長は

過ごしているに違いない。

いざ、実行!

僕の社長に対する新しいイメージができたので、いよいよ実行します。

妄想はいつでもできるので、今度は行動です。

やはり、自信と素晴らしい未来だけがある心躍る毎日を過ごしているのだから、

楽しそうに生活をしているに違いない。

一つ一つの行動に自信に満ち溢れているに違いない。

■ 下を向いて歩かない(ゆったり楽し気に歩く)

 人の困っている物事を観察する

■ 人の時間に配慮する

■ 仲間を作る・仲間を繋いでおく

■ 何事に対しても落ち着いている

■ 人の意見を最後まで聞く

■ 品格を持った発言と行動を行う

まず、こんなところから始めてみたいと思います。

今までの思い込みがそのような行動を起こさせ、その結果として今があるなら、

思い込みを良いものに変えれば、良い行動が起き、きっとその結果は良いもの

になるはずです。

僕は、こうして真の社長になるのだ!

・・・・オノマトペ。