あ~あ、またやっちまったよ。我慢できずに上司にタテ付くのは僕の性分と諦めかけている。(健忘録)

スポンサーリンク




性分

これはもう、どうしようもない。

また、言っちまったよ。

会社でもアルバイト先でもどこでも、上司でも部下でも年上でも年下でも

筋の通らないことは”筋が通らない”と言ってしまう。

溜まったうっぷん

会社の仕事が進まず、上司はそれを追及する。

追及して各人の1日のタイムスケジュールを報告させ、そのスケジュールを

もとに他部署からヘルプをさせる。

ヘルプをさせていても、遅れている仕事は追いつかない。

なぜだ!?と追及する。

結局、人間には感情があり機械ではない。

そんなものの言い方されたら、士気も下がるというものだ。

相手の立場に立つには相手の仕事をやってみることが一番。

うまい事、遠回しにそれを上司に伝え、上司本人も遅れている仕事を手伝わ

せるという土俵まで引っ張り出した。

しかし、上司が手伝おうと仕事は追いつかない。

そうやって1か月が過ぎた。

今日、ブチ切れる!

僕は、ずっとイライラしていた。

しかし、今日という今日は、ブチ切れた。

僕も一緒にさんざんヘルプをしているが、先が見えてこない。

というか、どういう状況なのか報告がない。

仕事が遅れている原因を、さんざん追求し報告させていたのに、上司自身が

手伝うようになってから、上司自身がどういう状況なのかを報告しない。

僕は、駆り出されたまま、淡々とヘルプをしていたが・・・

さんざんスケジュールを気にしていた上司が、巻き込んだみんなへの報告を

全くしない。これには僕の感情が火を噴いた。

「さんざん、”なぜ遅れているのか?スケジュールを出せ!スケジュールを出せ!”

そう言って、部下たちの尻を叩いていたのに、自分が部下たちの立場になり、

仕事をすることとなったら、相変わらず遅れている仕事の理由と今後のスケジュ

ールの説明がないというのは、筋が通らないのではないでしょうか?!」

面白いモノの見方

上司に噛みつく!

そういう場面を目撃されると決まって起こる反応があります。

「すごい!本当にそうだと思うよ!よく言ってくれた!」

こういう人が出てきます。

別に、みんなの代弁をしたわけではないのだけれど、そういわれると賛同者を得ら

れた気分になって、ちょっと気分がよくなります。

これは、僕の悪いところで反省するところです。

そして、決まってこう続けて言われます。

「これからも、私たちのことを言ってください!いつも感謝しています。

よろしくお願いします!」

今までのバカな僕は、この一言で、いつの間にか弱き人の代弁者となってしまいます。

そうやって、気が付くと代弁者として意見を取りまとめ上司に文句を言い、それが

気持ちよくなっています。

あるとき、言われるんです。

「君の熱意は理解できるけれど、うちの会社には必要ないから・・・」

こうなると、今まで僕の背中を後押ししていた人たちは、サーっといなくなります。

そして気が付くのです。

僕は操り人形だったと。

だから、これからは違う!

今日、上司に文句を言ったわけだけれど・・・

案の定、同意見だ!ありがとう!という人たちが現れた。

やはり、最後には、”これからもよろしくお願いします”と言っていました。

これは、これからも代弁をお願いしますね!ということです。

いやいや・・・

僕は僕の思うことを言ったまでです。

たまたま、あなたたちの気持ちと同調することを上司に行っただけで、あなたたちの

気持ちを察して、代弁しようとしたわけではありません!

今までも、これからも、代弁したつもりはない。

”これからもよろしくお願いします”じゃねぇよ。

言いたいことがあれば、自分で言えよ!

クビになるのが怖いとか、給料カットされたらいやだとか、言い出したら止まらなく

なって、クビになりたくないとか・・・

そんなの知るか!

いい大人なんだから、自分の言葉に責任をもって伝えろよ!

クビが嫌なら、そうならない程度で言葉を選んで自分で文句を言えよ!

人に代弁を頼んだり、人に言わせるなよ!人にお願いするなよ!

もう少しひねって考えてみる

実は、こうやって上司にとって耳の痛い話をする人物ほど、会社のことを考えている

のではないかと思うのです。会社の将来を考えているからこそ、良かれと思って言っ

ている。

ただ、目が節穴の上司は、それに気が付かず・・・うざい人物として、そういう熱い

人間を排除したがる。

人に代弁をさせるような人間は、会社は会社として割り切っている。

3年したら辞めようとか、裏で転職活動しているとか・・・

だから、熱い人間を排除してしまうと、会社を支えようとする人間はもはや残ってい

ない。そういう会社になってしまえば、おそらく倒産は避けられないでしょう。

でもね・・・・僕は

いろいろ考えた僕だけど、僕は、熱い人間を辞めます。

厳密にいえば、熱くなる場所を限定するという方が良い表現だと思います。

人の会社で熱くなるのではなく、自分の会社で熱くなる。

どんなに吠えたって、良かれと思って吠えたって・・・必要ないと言われてしまえば

それでおしまい。

自分の会社で自分の筋を通して熱くなったって、誰にも迷惑はかけない。

何よりも自分の良かれと思う筋が通っているので、ストレスやイライラがない。

そう思ったからです。

いろいろな気持ちを考えてみたら、長文になってしまいました。

同じように熱いがゆえに損をしてしまう人の参考になれば・・・

・・・・オノマトペ。

(Visited 27 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする