お金の日記をつけ始めようと思いまして。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




自分でも忘れないでおこうとする記事があります。

そういえば、同じような事、書いた記憶がある!という場合、自分の記事を検索BOXを使っ

て記事を検索します。どういうキーワードで書いたのか思い出せないので、手あたりしだい

思いつく単語を検索しますが、そうやって検索しているうちに、書きたいと思ったことを忘

れる始末・・・・歳はとりたくないものです。

そこで、最近では「健忘録」という言葉をタイトルにつけて記事を書きます。

自分でも読み返して、日常生活に役立てたいものは「健忘録」というキーワードが付いてい

るのですが・・・「健忘録」・・・多い!!

いっそ、健忘録のカテゴリーでも作ろうと思います。

今日は、とても頭が素直で、子供みたいな疑問がスッと湧いてきました。

”どうして、世の中にはお金持ちの人とそうでない人がいるのだろう?”・・・と。

毎日、毎日、努力したり頑張っている時間は、みんなそんなに大差ないと思います。

しかし、そういう格差が生まれるのは、何に違いがあるのだろう?

こんなにも、素直に疑問に感じるのは今日が初めてです。

今までは、もともと金持ちの家に生まれたからだとか、運が良かっただからとか・・・

自分にはない事実が金持ちにさせる要因だと思っていました。

もし、自分にも運があったら成功しているけれど、運がないからダメなんだ・・・と。

そもそも、その決めつけが悪いのかも・・・・ そんなことを考えさせられています。

だって、みんな頑張っているじゃないですか。

俺の方が頑張っている! いや、私のほうが頑張っている! たぶん、みなそれぞれ、自分

は時と一倍頑張っていると思っていると思います。 僕もそうです。

けれど、お金には恵まれていない。

なぜ?

それが分からないので、いろいろ本を読みまくろうと思います。

歳を重ね、いろいろな経験を積み、失敗や人間関係の心理が自分の中に蓄積された今は、素

直に本の内容を理解し、取捨選択ができるからです。

その中で書かれている事を実践することが、頑張っていて成功する人と頑張っているけれど

そのままの人である分かれ目だとすれば、やってみる価値があると思ったわけです。

どうせ、テレビを観て寝るだけの時間であれば、本を読もうと思います。

結果が共わなくても、もともとテレビを観続けていた生活と同じレベルは維持できるので、

本の知識が貯まったと思えば、それで良し。

そんな気持ちで、取り組みたいと思います。

なにをどう取り組むのかもわからないので、まずは本を読むことから始めます。

そこで、どういう本がいいのかと言えば、やはり成功している人の本が良いと思います。

僕は、ポッとでてきた成功者の本は興味がありません。

昔から成功している人・・・・それを、華僑とユダヤ人と設定しました。

世界のどこに行っても、言語の違い、風習の違いをもろともせず、行く先々、時代背景も違

うのに、ずっと成功し続け富を築く彼らをお手本としようと思います。

そうした本に影響を受けて、日々、日記をつけようと思います。

その日記は、このブログに「お金の日記」として書き溜めていこうと思います。