何年かぶりに超満員の通勤電車に乗って考えてみたこと。格差と理不尽さと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




今日は、新しいシステムの提案に行ってきました。

打ち合わせは、AM9:00に先方の会社で行われました。

久々の通勤ラッシュを体験しました。

昔は、毎日、この電車で通勤していたので懐かしくもありました。

通勤電車内

乗車率100%を超える電車内は上半身と下半身が別々になっているという状況で、乗客同士が密着しています。ちょっとしたブレーキで、前や横へとみんなが揺さぶられます。

みんな辛そうな顔をしています。

収入格差

満員電車の窮屈さに顔がゆがむ人を見て、毎日大変そうだな・・・と思いました。

それと同時に、どうしてこんなに辛い思いをして毎日頑張っているのに、送り迎えの付くようなお金持ちにならないのだろう?

きっと、お金持ちよりも苦労して頑張っているはずなのに・・・。

お金持ちは、悠々と送り迎えの車の中で新聞を読み情報を集め、出社するのだろう。

ふと、前のサラリーマンに目をやると、スマホでゲームをしています。

こういう混雑の辛い状況を、ゲームでもやらないと気がまぎれないのかもしれません。

でも、もし、生活のレベルを上げたいと願うなら、ゲームではないと思います。

確かに、送り迎えのゆったりした車の中ではストレスはないかもしれません。

ストレスがないから、ゆっくりと新聞も読めるのかもしれません。

しかし、今、自分が満員電車にいるという事実は否定できない。

もし、そこから抜け出そうと思うのなら、そういう状況でもスマホで新聞を読み、情報を集め仕事に役立てるべきです。そうしないと、車の中でゆったりと情報を集めている人との差は広がるばかりです。

苦しく大変な思いを毎日してるのに、お金持ちになれないのは、与えられた時間の使い方が間違っているからだと思います。

電車は揺れると知っていること

時間の使い方を効率よくしないといけないと、自分自身も反省しているとき、電車が揺れるスポットに差し掛かりました。何年も利用している電車なので、どんなふうに揺れるかを知っている僕は、身構えて体重をかけていたおかげで、びくともしませんでした。

ここでも気が付いたことがあります。

先を知っているということは、とても大きなメリット(有利)であるということです。

先がどのようになることかを知っているということは、とても有利に仕事を進められるのではないかと思いますし、投資に関しては、それが肝(キモ)となります。

先を知るということは情報収集がほとんどですが、経験の蓄積も役に立ちます。

いずれにせよ、ゆれ方を知らない乗客は大きくバランスを崩し、知っている僕は平然と立っていられました。このことは、とても良いことを教えてくれたような気がします。

最寄り駅に到着して驚いた

朝早かったので朝飯代わりにキオスクでチョコバーでも買おうと思ったら、行列!

仕方がないのであきらめて、改札を出ると下のような人の波。

みんな、同じ方向に向かっています。

結局、この人波は、僕が向かう同じビルまで続いていました。

なんと!

エレベーターに乗るにも行列ができていて、2分ほど並んで待ちました。

こういう毎日を当たり前のように過ごし、仕事をして帰宅する。

絶対、お金持ちの人より働いていると思います!

でも、お金持ちにはなれない

それは、先述の通りです。

普段の僕は、通勤ラッシュとは無縁の仕事をしています。

それを思うと、通勤ラッシュのサラリーマンとはかなり条件が良い。

にもかかわらず、お金持ちになっていない。

彼らより、苦しい思いもしていないし、ゆとりもあるのに・・・ 何やってんだ俺?!

僕は、恵まれた環境を持っているのに、どれだけ時間を無駄にしているんだよ!

もっと、時間を大切にしないと!

・・・と、そんなことに気が付きました。

投資

生まれ持った幸運や生まれた環境でお金持ちの人がいます。

しかし、先ほども書いた通り、時間は平等です。時間の使い方ひとつで格差を埋めることができます。僕は、時間の使い方を投資の勉強に当ててみました。

なぜなら、投資も平等だと思うからです。

お金持ちもそうでない人にも一定の率で儲けが還元されるからです。損をする率も同じです。

ただ、投資する金額が違うので、お金持ちはより大きく儲けたり、多く損をするだけの話です。勉強することで、みんなが対等な立場に立てるのが投資です。

まだまだ、この辺はド素人ですので、夢物語かもしれませんね。

でも、早速、株を購入してみました。

株の購入にはタネ銭を作らなければなりません。僕は、クレジットカードの発行でもらえるキャッシュバックを有効活用しました。1年で10万円ほど貯まりましたので、それを大事に運用したいと思います。

問題意識の視点を変える・・・たったこれだけで、電車に乗るという行為に対して多くの気づきを与えてくれました。

それは、すべて僕がお金持ちになるための気づきとなります。

忘れないようにしたいと思います。

目指すお金持ち像

散々、お金持ちになりたいと書いてきましたが、僕の目指すのは道楽や良い暮らしをするためにお金持ちになりたいというのではありません。

世の中で便利なものはたくさんあります。そうした便利なものをどんどん作りたいのです。

便利だと感じたものは、お金の心配することなく開発できる資金を潤沢に持ちたいのです。

そうやって作った物やサービスを利用して喜んでもらいたいのです。

まずは、今のお金持ちの真似をして考えや行動、意識も変えていかないといけない。

例えば、先ほどの電車内のスマホのように・・・ゲームではなく情報収集をするという意識改革。意識を改革すれば、実際に情報を収集し始める・・・これは行動の改革

こうして、どんどんお金持ちと同じ意識と行動を手に入れようと思います。

お金を稼ぐためには稼いでいる人のような考えと行動を真似るのが近道です。

それが良いことだと思えば続け、違うと思ったら止める・・・そうして、自分というオリジナルに磨きをかければよいと思います。

その取捨選択は、自分の心に聴くことにします。

真似をした人とそっくりなお金持ちの自分になる必要はないですから。

全てのお金持ちが、金、金、金・・・・ではないのですが、中にはそういう方もいらっしゃいます。だから、無くしてはいけないと思うことは無くさないようにします

金の亡者になりたいわけではありませんので。