もう、振り回されるな!真(ま)に受ける男の純情。

スポンサーリンク




妄想・・・お誘い

ふと思う、男って馬鹿だなぁと思う事。

妄想が止まらず、ちゃっちゃとまとめてみたいと思います。

「会社の飲み会、2次会、来ませんか?

話の分かる人と話したくて・・・いつも同じメンバーだとつまらなくて。」

と、話しかけられた時、悪い気がしないのは当然。

でも、ちょっと待て!男よ!

話すのだったら、会社でも出来ると思わない?

給湯室(笑)?なんかで、いくらでもできるよ。

2つの可能性

このお誘いには、2つの可能性がある。

パターン1

まず、ほとんどないことだけれど、酒の席につかせ、2次会・・・3次会・・・・

いつの間にか・・・と、そんなことをもくろんでいるパターン。

そんな計画があなたに待っているなら、断った方が賢明だ。

だって、ものすごい遠まわしで、虎視眈々と筋書き書いて、陥れようとする姿勢は、今後、

多くの場面でもそういう態度をとるはずだからです。

そんな、策士とはうまく距離をおいた方がベターです。

パターン2

そして、もう一つの可能性。

圧倒的にこのパターンだから、先述のパターンより、こちらを肝に銘じてほしい。

話しなら、会社でいくらでも出来る。

上司に聞かれたくない話でも、廊下や階段で出来そうなものだ。

だって、実際、女性社員ってそうやって愚痴をこぼし合っているのだから、話す時間はいく

らでもあるのです。そう、あなたとだって飲み会じゃなくても、話したければ話せる時間は

あるのです。

でも、なぜ、飲み会を出汁(ダシ)に、あなたと話したいと誘ったのか?

きっと、会社の飲み会は断ることができない状況で、それが楽しくない事も目に見えている。

メンバーはいつも同じだし・・・

そんな時、同じ会社でも他部署の人との会話は、いつもより刺激が貰えるかもしれないから

楽しそうかもしれないと感じたのだと思います。

だから、誘った・・・・というのが、ほぼ正解です。

特に、あなたが、いつも1次会で帰ってしまうような人物ならなおさらです。

いつもと違う刺激をあなたから貰えそうだから、彼女は、いつも1次会で帰ってしまうあな

たを2次会に誘ったのです。あなたが来れば、もしかしたら、つまらない2次会が楽しくなる

かもしれないと彼女は考えたのです。

よく判りましたか?

あなたは、彼女が考える楽しくない2次会を楽しくするためにあてがわれた要員なのです。

深い意味は全くないのです。

それを、どこか勘違いして、良い気分になり・・・・

男って馬鹿ですね。

まとめ

パターン1だったら、自分が変な噂や立場に追い込まれることはない。

パターン2だったら、自分は単に盛り上げるための道具ということ。そんな彼女のために道具

となる時間はないのです。もっと自分の時間を大切にしましょう。

ゆえに、誘われても断る!これが正解。

行動も精神も人のノイズに左右されない強い自分を持ちましょう!

・・・・オノマトペ。

(Visited 10 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする