金剛筋シャツを12時間着てみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




金剛筋シャツ生活 今日から始めるぞ!

朝から通勤まで

そんな初日の最高気温は33℃という予報。

朝から、金剛筋シャツにポロシャツで出動です。

意識しなくても、お腹まわりがすっきりと、町のガラスには自分が写ります。

確かに姿勢は良くなっているように感じます。

30分もすると、締め付けのせいなのかわからないが、息苦しくなり、とっさに脱ぎたくなっ

てしまいました。のどの辺りに違和感を覚え、呼吸が辛いです。

これは、金剛筋シャツのせいだとは思いません。

普段やらない事をしている事に対する、精神的なものからくる筋肉の硬直だと思います。

トレーニングというほどのものでは無いけれど、苦痛もなく、自然に痩せるなどという事は

ないと思っているので、こんな息苦しさは、100mダッシュ20本より楽ちんだと思い、気分

を切り替えてみました。

通気性は良いと感じました。

Tシャツにポロシャツという格好が多いのですが、それよりも涼しいと感じました。

会社に到着

お手伝いをさせて頂いている会社に到着し、仕事の準備をしていると、そうした緊張も落ち

着き始めました。しかし、汗がひきません。次から次と、体の中で汗が流れているのが分か

ります。通気性は良いのですが、汗の吸収は、あまり良いとは言えません。

椅子に腰かけている姿勢も正しく、疲れにくいかも? と、期待が膨らみます。

朝から感じていた締め付け感には、まだ慣れません。

心地よい締め付け感なのですが、どこかが血流悪くなっている気がします。

そのことを例えるなら、腕時計をしていると、手先に血がいかないような感じと似ています。

本当に些細な事なのですが、初めての経験なので、脳みそが大げさに理解しようとしている

と思います。

恐らく、血流は気にする必要などないくらい順調に流れていると思いますので、気にしない

事にします。

ただ、意識して深呼吸をしようと思います。

時には、金剛筋シャツと肌の間に手を入れて深呼吸を行います。

心なしか、締め付けのせいで、呼吸が浅くなっているような気がします。

午前中のデスクワーク ~ 昼食

お昼くらいになってくると、ようやくこの締め付けにも慣れてきた気がします。

少し重たい荷物を運んだりしても、これ、効いているに違いない!という感じで、何でもト

レーニングモードになってしまいます。

お昼は、大盛りパスタにしました。

着用していると、締め付けからか、満腹感が早く訪れる方もいらっしゃるみたいですが、僕

の場合、全くそういう事はありませんでした。

ただ、少し動くだけて汗ばむ気がします。そして、その汗の吸収力が無いので、少し気持ち

悪いです。

このころになると、もう締め付け感にはほとんど慣れてしまっています。

それと同時に、背筋ピーンの姿勢も保たれていないような気がします。

しかし、立ち上がって歩いてみると、背筋が良くなっている感じは、間違いなく感じられ

ます。

午後のデスクワークと帰宅まで

やたらと喉が渇きます。

今日は33℃!とはいえ、普通のTシャツよりも金剛筋シャツは汗が出やすいと感じます。

水分補給は大事かもしれません。

帰宅途中、冷房のかなり効いたスーパーに寄りましたが、丁度よく感じたのは、やはり金剛

筋シャツは、着ると暑いということです。喉も渇くわけです。

夕飯 ~ 脱ぐまで

夕ご飯も普通に食べれました。圧迫感による少食は、僕には無縁のようです。

ここでも水分は良く摂りました。

そして、食後に横になってテレビを見ながら、横腹の腹筋を鍛えてみました。

特に、金剛筋シャツを着ているから疲れるとか、負荷がかかるとかといった効果は感じられ

ません。

朝7:30 ~ 夜7:30 までの12時間を着てみました。

いよいよ、金剛筋シャツを脱いでみると、開放感買い持ち良いです。

脱いですぐというよりは、代わりにラフなTシャツを着てみて、その開放感を実感できます。

金剛筋シャツの締め付けは、どれだけすごいのかを再確認できました。

今日1日で体の変化などあるわけがないのですが、達成感はあります。

そして、これなら続けられそうだと思いました。

朝に感じた締め付け感も慣れましたし、続けていれば、効果が出そうな気もしています。

3枚を選択しながら着回し、金剛筋シャツがない時は、普通にTシャツ・・・。

こんな感じで行こうと思います。