クロアチア ~ッチ って気になるので調べてみました。

スポンサーリンク




熱狂的なサッカーファンではないけれど、FIFAはやっぱり見ちゃいます。

2018年は個人的には、クロアチアに優勝して欲しいと思っています。

クロアチアの試合は、選手の名前が、ほとんど○○ッチという、最後にチが付きます。

これ、なんだろう?

そこで、ネットを検索すると、おーーーなるほど!

クロアチア人の「○○ッチ」は「○○の息子」

クロアチア人の「○○ッチ(ić)」は、「○○の息子」「○○家」という意味だそうです。

名前じゃなくて、名字です。

例えば、「五郎ッチ 太郎」で”五郎の息子 太郎”だったり、「山田ッチ 太郎」で”山田家

太郎”という感じです。

「親の名前+ッチ(ić)」 

「家業+ヴィッチ(vić)」

このパターン以外に、家業に「ッチ」がついたパターンもあるみたいです。

「花屋ッチ 太郎」で”花屋 太郎”というパターンですね。

クロアチア語で「鍛冶屋」を表す単語はKovač(コヴァッチ)

・・・なので、

Kovačević(コヴァチェヴィッチ)という名字の人は、「鍛冶屋の子」

セルビアも同様に、「○○ッチ(ić)」の名字が多い国だそうです。

他に○○の息子を現わしている国

同じく「○○の息子」という名が受け継がれている国は結構多いです。

・○○ヴィッチ(vich)、○○フ

よく聞きますよね? ○○フ。

ロシアのミドルネームでよく使われています。ゴルバチョフもそうですね。

ゴルバチョの息子っていう意味かな。

・Mc○○

アメリカの姓。マクドナルドは、ドナルドの息子。

これ、結構感動した。へぇー、そうななんだ!・・・って。

・○○son

これもアメリカの姓。ダビットソンは、デービットの息子。

・○○sen

北欧(ノルウェー。デンマーク、スウェーデンあたり)の姓に多いですね。

童話のアンデルセンとか・・・。

・○○nen

フィンランド人の3分の1以上が「○○ネン」らしい。

スキージャンプの選手で、ヤンネ・アホネンという人がいるけれど・・・

日本語に置き換えるとちょっとかわいそう。

・○○ski

ロシア、チェコ、ポーランド、ウクライナに多い姓「○○スキー」

ドストエフスキー、チャイコフスキーが有名ですよね。

・bin○○

アラブ系の名前に多い「ビン」

名字ではなく、父親の名前の前にビンをつけて名字っぽくする。

ビン・ラディンは、ラディンの息子。

素朴な疑問

でもさ、息子の息子はどうなっちゃうんだろう?

マクドナルドは、ドナルドの息子・・・でしょ。

マクドナルドの息子は、マクマクドナルド(笑)?

いや、マクドナルドジュニアとか、マクドナルドソン?

だれか、ご存知の方は教えてくださーい。

・・・・オノマトペ。

(Visited 22 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする