日本にカジノがやってくる!・・・僕は多分行かないと思う理由。

スポンサーリンク




日本にカジノがやってくる!

統合型リゾート(IR)整備推進法案、通称「カジノ法案」が成立しました。

個人的には国内でカジノで遊ぶことはないと思います。だって、外国人に囲まれてギャンブ

ルをするから面白いのであって、そこそこ日本人の多いカジノでは盛り上がりも半減だと感

じるからです。

また、パチンコの客をカジノの延長だと考えた場合、台をドンドン叩くような人が多いカジ

ノは楽しくありません。これらはかなり個人的なものですが、海外に行ってまでカジノはし

たくないけれど、カジノの雰囲気を味わいたいという人には、とても良いと思います。

ギャンブルは治安の部分や依存症といった精神的な部分でネガティブに捉えられがちですが

成功している都市もあるので、そうなるかならないかは、政府や誘致都市の手腕の見せ所だ

と思います。

カジノ法案とは

カジノ法案(統合型リゾート(IR)整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域

の整備の推進に関する法律」といいます。簡単に言うと「これから統合型リゾート(IR)を

作っていきましょう」という法律のことです

通称カジノ法案と呼ばれているので、誤解されがちですが、単にカジノを作るためだけの法

律ではありません。

統合型リゾート(IR)とは

この統合型リゾート(IR)はどのような施設かというと、国際会議場・展示施設というよ

うな、いわゆるMICE施設、ホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピン

グモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、カジノを一区画に含んだ複合

観光集客施設のことです。

さまざまな商業施設を展開することで、カジノに興味のない人も楽しめ、カジノ以外にも多

くの集客が見込めるのが特徴です。

MICE施設とは

MICEは会議(Meeting)、研修旅行(Incentive Travel)、国際会議(Convention)、展

示会・イベント(Exihibition/Event)の頭文字をとったものです。

MICE施設とはこれらの催しを行う施設のことを指します。

カジノ法案を成立させた目的は?

日本は現在、一部の例外を除いてギャンブルは違法となっています。日本ではギャンブルを

長らく違法としており、江戸時代には既にギャンブルを禁止する法律があったほどです。

なぜ今になって、カジノを含む統合型リゾート(IR)を作ろうと政府はしたのでしょうか?

その大きな目的と一つが、外国人観光客を集客し、日本経済を活性化させることです。

日本の経済はいまだ停滞しています。

少し前、中国人観光客が日本製品を根こそぎ買っていく姿を「爆買い」と呼び話題となりま

したが、その経済効果は非常に高いものでした。

一時の経済効果ではなく観光大国としての地位を確立することで、日本経済を活性化させる

ことを目的としています。

もっと多くの外国人観光客が日本に来てもらうには?という問いの答えの一つに政府はカジ

ノ法案を提案したということになります。

カジノはいつできるのか?

カジノ法案(統合型リゾート(IR)整備推進法案)が成立した今、気になるのは「いつカジノ

がオープンするのか」ということです。

当初は2020年の東京オリンピックに合わせてオープンという話でしたが、今は不可能とされ

ています。なぜなら、カジノ法案というのは、あくまで「統合型リゾート(IR)を作るため

に整備を進めましょう」という法律で、統合型リゾート(IR)に対する考え方や方針などの

大枠を取り決めるためのものだからです。

カジノオープンに向けて次の段階に進むには、より具体的な内容に落とし込んだ統合型リゾ

ート(IR)実施法案を成立させる必要があります。この実施法案は上手くいけば1年以内に

成立される見込みです。

この実地法案が成立しても、法律の整備やカジノの候補地の決定、施設の設計や施設建設な

どやることは山積みです。

カジノオープンまでの道のりはまだまだ長そうです。

カジノの候補地

カジノ誘致の候補地として立候補しているのは、北海道、東京都、神奈川県、大阪府、長

崎県、沖縄県です。中でも特に有力とされているのは、東京、大阪、長崎の3箇所となり

ます。

東京はホテルや会議場があるお台場や青海地区を候補として挙げています。やはり日本の首

都ですし、アクセスも非常に良いため集客しやすいということで有力な候補です。

大阪もアクセスがよく、また2025年国際博覧会(万博)の誘致が決定したことから、カジノ

と万博の相乗効果で関西全体の経済活性化を促したいという狙いがあり、カジノ誘致に積極

的な姿勢をみせているようです。

しかし、ある程度経済が潤っている都心に誘致するよりも、地方都市に誘致したほうが地域

の活性化に繋がるという意見もあります。

そこで有力視されているのが長崎県です。長崎県は佐世保市にあるハウステンボス周辺を候

補に挙げています。これからさらに名乗りを挙げる地域が出て来ることも十分に考えられ

ます。

カジノの入場制限について

カジノ施設が完成しても入場制限はあります。入場が出来ないのは、20歳未満及び暴力団員

になります。この入場制限が課されるのは、日本人及び日本に住む外国人となります。

入場はマイナンバーカードで管理されます。

・ 週3回月10回まで

・ 入場料6000円

このような制約が課せられます。

このシステムはシンガポールに倣ったものです。

しかし、これについては今後さらに議論が交わされる余地があると思いますし、カジノが出

来た後にも変更される可能性があると考えています。アメリカの州ごとの条例のように、都

道府県単位での変更もあるかもしれません。

場合によっては借金を抱えた人は入れないなんてこともあるかもしれません。カジノができ

る日までは金銭トラブルなどに注意しましょう。

(Visited 17 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする