1,000冊読みの餌食になった本たち。2冊目。

スポンサーリンク




まじめな本ばかりを読むつもりはなく、こういうのもいいかなぁと思って購入。

シリーズ化されているけれど、2、3、5があったので購入しました。

そして、2を読み始めましたが、恐ろしくつまらない。これは僕のレビューなので、正式なレビューは、Amazonなどで参考にしてください。

もっと、わかりやすく科学してくれると思ったのだけれど、チンプンカンプン。

おまけに、この文章力ときたら、ノリツッコミ的なものがイライラさせます。

必殺技、飛行速度など、怪獣やヒーローについて解説しながら、それらがいかに無理なのか、そして再現するにはどうしたらよいのかを科学しているのですが、字も小さく数字が多く、読み進める気持ちに急激なブレーキをかけてきます。

唯一、巨人の星「消える魔球」のところだけ、まぁまぁ真剣に読んだかな。

あーーー、あと、2冊もあるよ。少し憂鬱。でも、飛ばし読みOKなんだから1,000冊読破に向けて、読んでくよ~!

空想科学読本2[新装版] (空想科学研究所の本)

空想科学読本2[新装版] (空想科学研究所の本)

柳田 理科雄
発売日: 2006/07/19
Amazonの情報を掲載しています

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら

本嫌いの僕が1,000冊の本を読もうと思います。ゆるく活字を頭に入れるだけでもいいんじゃないかな。
本が大嫌いだが1,000冊読んでみようと思う なぜ本が嫌いなのか? 子供のころ、国語といえば漢字と朗読が主な宿題でした。間違いなく読...
(Visited 10 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする