ふと、沸いた疑問。お金は有るより、無い方が良いのかもな?

スポンサーリンク




もし・・・

  • ランボルギーニーに乗りたければ、店に行けばすぐに乗れる
  • 美味しいものが食べたければ、何でも食べられる
  • 一流シェフを自宅に呼んでケータリングもできる
  • 行きたいところがあれば、プライベートジェットでどこにでも行ける
  • 何でも買えるし、何でも出来る

とにかく、「お金」の減る事など全く気にしなくて良い。

そして、こういう事が世界の人々に起こったとしたら・・・?

こんなことになるのではないかと思う

もし、そんなことになったら、もう、お金をたくさん持っているとか、持っていないとかの基準は意味がなくなってしまう。

みんなが好きなものを身にまとい、好きなものを食べ、好きな所に行ける。お金というものは、単なる単位を現す合図なようなものとなり、そんなものが右へ左へ行くだけの事なら、いっそのこと、そんなコインや紙切れが無くたって良くなってします。

誰もが好きな時に好きな事をして暮らす。寝る場所の心配や食べる事の心配、お金が減る心配がなくなった世界では、僕は、何を始めるのだろうか?

そんな世界になったら、どうなるのか?

しかし、もし、そういう世界になったら、何でもできるからこそ、何もしなくなってしまうのではないだろうか。

いつでも好きな事を好きなだけ、お金の心配なく出来るという環境は、逆に言えば、いつでもやろうと思えばできるという「余裕」を産みます。その結果、今やらなくても、いつかやればいいやという「怠惰」を生むのかもしれません。

そう考えると、むしろ、お金を持っていない方が、お金が貯まったら、あれをしたい!これをしたい!と考えるかもしれません。怠けてなんかいられません。

しかしながら、お金が無いので、やりたいと思ったことはほとんどできないかもしれません。でも、やりたいことに向けて何かしらの努力をするはずです。

比較

お金が有る人は、いつでも何でもできますが、やりたいことがあって、お金があっても、いつでもできるという心理状態から、結局、何一つ行動に移さないかもしれません。

お金が無い人は、やりたいことを一つでもかなえようと努力をしますが、結局、お金が無いために、ひとつも出来ないということがあるかもしれません。

もし、何もできなかったという結果だけを比べるのなら、お金が無い方がいいと思います。
だって、自分のしたい事に向けて努力という行動はするのだから。

お金が無い方が、お金が有ったら、あれもやりたい!これもやりたい!と、やりたいことが見つかるのだから、こっちの方がいいと思います。

精一杯の強がりです。

(Visited 7 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする