親の心配は心から嬉しい。けれど、ヒントをくれないか?

スポンサーリンク




親というのは、いつまでたっても心配をしてくれる。

本当にありがたいものです。

しかし、具体的なアドバイスがない心配は、どこか無責任ではないのかという、有難いという気持ちの向こうでムクムクと生まれてきます。

「将来のためにお金が貯めておきなさい。」

これは、貨幣というものが生まれて人間が使用するようになってから、どの親も子供たちに言ってきた言葉ではないでしょうか。

今ある収入から、コツコツ貯金しろと言っても、景気の良い時代は終わっていて、みんなカッツカツで暮らしている世の中、どのように節約すればいいのだろう?

節約して、楽しいことも我慢して、お金を貯めることに何の意味があるのだろうか?

みんな身の丈に合った楽しみ方をしていて、贅沢なんかもしていない。

それなのにお金は貯まらない。

もっとお給料の良い仕事をして、嫌なことを我慢して、お金を貯めたところで、楽しいことを我慢するのでは、ストレスが貯まり病気になり、せっかく貯めたお金は通院で消えてしまう。

そんな時代に、どうやってお金を貯めろというのだろう?

(Visited 12 times, 1 visits today)
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする