1,000冊読みの餌食になった本たち。37冊目。

スポンサーリンク




「ピーターの法則。なぜあの人は、昇進した途端ダメになった?」

この本は、「本を読む人だけが手にするもの」に書かれていたお薦め本で、タイトルに惹かれて購入してみました。

『足るを知る』このことが大事なのかな・・・と思いました。

確かに、本の中で書かれている”症状”の人はたくさん思い当たったけれど、さりとて自分も・・・と考えたら、この本から元気はもらえなかった。最終的には人類のことに話が展開するのだけれど、感動に値する本ではなかった。

足るを知れば、無能にならずに済むというのが僕の見解だけど、再度、読んだ時にはどうか?

少し、手元に置いておきたい本かもしれない。

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら

(Visited 26 times, 1 visits today)
スポンサーリンク








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする