月額費用そのまま!ロリポブログからワードプレスに簡単引越し。使いやすいブログ環境を自分で構築できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




ロリポブログからワードプレスに引越し

ずっと前からロリポップを利用しています。

ロリポップはライトププランで無料ブログを3つ持てます。もう10年以上のお付き合いで、初心者にとってはとても分かりやすいブログです。

しかしながら、アフリエイトもしたい、デザインも変えたいとなってくると自由度が少なく、また、時折の仕様変更や予期せぬサーバーダウンといったことで、これはそろそろ乗り換えをした方がよさそうだと感じていました。

ただ、記事が膨大にあり、画像も膨大ですので、ついつい億劫になっていました。

特に心配なのは、以下の通り。

  • カテゴリー分けの再現
  • 画像の表示

この2つです。

今回、試しにワードプレスサイトを作り、ロリポップから記事をエクスポートし、ワードプレスにインポートしてみました。

すると、記事はもちろん、画像とカテゴリーの再現まで完璧に引越しすることができました。そのためには、以下の条件があります。

  • ロリポップは解約しない

これは苦肉の策で、画像のエクスポートとインポート、および画像に紐づいたタグの変更がとても面倒なので、ロリポブログをそのまま生かすために、ロリポップの契約は継続します。

ワードプレスをインストールするために新しくレンタルサーバーを契約するのではなく、ロリポップのサーバーにワードプレスをインストールします。これにより、ランニングコストは何も変わりません。

つまり、ロリポップを契約していると、ブログは無料で3つ開設できます。これが、ロリポブログと呼ばれるものです。ロリポップはもともとサーバーの契約ですから、ブログを3つ作ろうが作るまいが月額はとられます。

ロリポップのサーバー内にワードプレスをインストールして、ブログを構築するということは、ロリポップのサーバーを借りていれば出来ることなので、すでに借りている僕にとっては月額費用は変わらないということになります。

ロリポップにアップしたブログ記事はワードプレスに引越しができます。

ワードプレスになることで、アフリエイトやデザインのカスタマイズ領域が一気に増え、ブログを書くのが楽しみになります。いろいろなアフリエイトツールを実装することで、お小遣い稼ぎにも精を出せます。

ロリポブログからロリポップ内のワードプレスに引越しする手順

ロリポップ内にワードプレスをインストールする

以下のようにワードプレスのインストールを選びます。
その後、ロリポップの指示通り進めば、ワードプレスがインストールされます。

インストールされたワードプレスのカスタマイズ

ここはお好みになるけれど、かなり自由度が高いので好きなだけいじくりまわして納得のいく自分だけのブログを完成させます。

ワードプレスに記事をインポートする

2.で完成したワードプレスのブログサイトにロリポブログの記事をインポートします。そのためには、まず、ロリポブログの記事データをエクスポートしなくてはなりません。

ロリポブログの記事データをエクスポート

ロリポブログの管理者ページから、以下のように「設定」→「インポート・エクスポート」を選びます。

エクスポートは一度に100件しかできません。
そのため、たくさん記事のある人はエクスポートの作業を何度も繰り返さなくてはなりません。

エクスポートしたデータをワードプレス用に変換

ロリポブログのエクスポートしたデータをワードプレスに直接インポートできれば良いのだけれど、このままではデータ形式が合わず、うまくいきません。

そのため、エクスポートしたデータを以下のサイトで変換をします。

JUGEMログをMTに変換サイト

変換したデータを加工

画像を1枚も使っていないブログなら、この変換したデータをワードプレスにインポートすれば、カテゴリーの再現を含め、まるっと引越しが完了です。

けれども、画像がある場合は、画像のURLをロリポブログからワードプレスように変換しなければなりません。

変換したデータの中身をみると「jpg」という文字があると思います。「ctrl+F」で探せばすぐに見つかります。この「jpg」の前には画像の名前やら、そのURLやらが書かれています。

ロリポブログの場合、URLはロリポブログのURLになっていると思います。ところが、ロリポブログの管理画面から「データ管理」→「画像の管理」へと進むと今までアップロードした画像とその横に画像のURLが記載されています。

以下の赤く囲まれたのが画像の格納された本当のURLです。
しかし、エクスポートしたデータにはこのURLは見つかりません。

エクスポートした「jpg」のデータの前にあるURLを以下の赤く囲まれた部分の共通部分に書き換えます。

僕の場合、

エクスポートした「jpg」の前にあるURLは「http://happitan.img.jugem.jp/」です。

しかし、実際に画像の管理画面で見える画像のURLは

「http://img-cdn.jg.jugem.jp/874/1918873/・・・・・」です。

画像の管理画面で画像のURLをよく見てみると

「http://img-cdn.jg.jugem.jp/874/1918873/」まではどの画像も同じです。

そして、エクスポートした「jpg」の前にあるURLは「http://happitan.img.jugem.jp/」がどの画像にもついています。

ここは、ご自分で見つけるしかないので頑張ってください。

ワードプレスに引越しても記事と画像が見れるようにするには、僕の場合、以下のように置換が必要です。一斉置換をしてしまえば、あっという間です。

「http://happitan.img.jugem.jp/」

「http://img-cdn.jg.jugem.jp/874/1918873/」

置換が済んだら、上書き保存をして、加工は終了です。

ワードプレスに記事をインポートする

ワードプレスには「インポート」機能があります。左のメニューの「ツール」→「インポート」を選びます。

そこで表示される指示に従って、先ほど加工したエクスポートデータをインポートします。

インポートが完了すれば、記事、カテゴリー、画像が再現されているはずです。

その他

ロリポップの記事は一度に100記事しかエクスポートできないので、記事がたくさんある人は何度もエクスポートしては、エクスポートしたデータを置換加工して、ワードプレスにインポートするという作業を繰り返します。