火事になってからでは遅い!コンセントにつなげる調理機器の組合せと推奨の延長コード。火災の危険を減す!

スポンサーリンク




あわや火災!集合住宅に住む我が家で、本棚の裏で知らぬ間に起きていた・・・

気が付かなければ、近隣にまで迷惑がかかっていました。みなさまもお気を付けください。

壁のコンセントには何W(ワット)まで挿せる?

一般的なコンセントに流せるアンペア数は15 Aまでです。

一般家庭用の電圧は100 Vです。 一つのコンセントで合計1500Wまで使うことができます。

つまり、この写真の場合は上下で合計1500Wずつということになります。

延長コードを使う場合は?

延長コードを使う場合、つなげた機器の合計W数が1500Wを超えなければOKです。

これは、機器を使う時に消費する電力を合計1500W以下にするということです。

身近な電化製品の消費電力はどれくらいなのか調べてみました。

携帯電話の充電        15W
DVDレコーダ-      10W
コンパクトデジカメ充電 3~4W
ノートパソコン     50~120W
テレビ 30型     70~100W

2つか3つの家電を同時に使用しても大丈夫な感じがします。

ところが・・・・

電子レンジ   600~1300W
トースター   1200~1350W
ホットプレート 1300~1500W
電気ポット   700~1000W
アイロン    1200~1400W
ヘアドライヤー 600~1500W
掃除機     1000~1100W
エアコン    45~2000W
IH調理器    3000W

「熱を発生」させる機器は、たくさんの電気を消費することが分かります。

これらを同時に使うことは、延長コードに負担がかかり発火する恐れが出てきます。

使用頻度と機器の組み合わせに、少々、頭を使うことになります。

生活面から調理機器の接続の組み合わせを見直す

延長コードにつないでいるだけでは1500Wを超えません。

しかし、機器を使用するときに合計1500Wを超えると火災の危険が出てきます。

ここで我が家の生活シーンを振り返ってみます。

我が家の場合・・・

オーブントースターと電子レンジと電子炊飯ジャーが大量の電気を消費する調理器具です。

しかし、壁にあるコンセントは2つしか差込口がありません。

そこで、延長コード(1500W)を購入しました。

我が家の調理器具のそれぞれの消費電力は以下の通りでした。

どの組み合わせも同時に使うと1500Wを超えてしまいます。

オーブントースター ~1300W
電子レンジ             ~1200W
電子炊飯ジャー       ~1100W

生活シーンを振り返ると、我が家では、ごはんとパンは一緒の食卓には登場しません。

つまり、電子炊飯ジャーとオーブントースターを同時に使うことはないのです。

我が家のオーブントースターは、パンを焼くことがメインです。

残りの電子レンジは「温め調理」専用です。

よって・・・

同時に使う事の無い「電子炊飯ジャー」と「オーブントースター」を一緒に挿しておきます。

残る「電子レンジ」は、別の延長コードに差し込みます。

これで、使用時に1つのコンセントが合計1500Wを超えることがなくなりました。

生活シーンを振り返ることで、延長コードを火災の危険から遠ざけることができました。

みなさまも工夫してみてくださいね。

万が一の時はブレーカーがあるから大丈夫はウソ!

「電気を使いすぎたらブレーカーが落ちるから大丈夫!」

電子レンジを使いながらドライヤーを使うとブレーカーが落ちた!という話をよく聞きます。

ブレーカーはだいたい20A(2000W)を超えると落ちます。

電子レンジ1300W+ドライヤー1000Wでオーバーするので落ちてしまうのです。

しかし、ブレーカーが落ちない組み合わせ・・・

例えば、合計1800Wになる機器を使い続けたとします。

ブレーカーが落ちなくても・・・

合計1500W以上で機器を使い続けるとコードの発火やショートなどの事故につながります。

ベストな対策 こうすればさらに大丈夫!

火災が起きればその金額的な損害もさることながら、近隣に被害が及ぶ可能性もあります。

それを防ぐためには、やはり延長コードといえども慎重に選ぶ必要があります。

手軽で確実な方法は、ブレーカー付電源タップを経由して全ての家電を使う事です。

ブレーカー付電源タップとは、延長コードのコンセント部分にブレーカーがついています。

延長コードに接続した機器を同時に使用し、合計1500Wを超えるとブレーカーが落ちます。

このとき、接続した機器だけが停止します。

落ちたブレーカーはスイッチ一つで復帰することができます。

コンセント(自宅側)の設備に負担をかけないので、お薦めです。

他にも、プラグの部分がL型だということろがお薦めの理由です。

どちらにもぐるぐる曲がるスウィングプラグという延長コードがあります。

これは、お薦めできません。

ぐるぐる回る部分が消耗して、そこから火災を起こす一歩手前になった経験があるからです。

これ、一歩間違えたら大参事になったかもしれない、我が家の延長コードです。

この経験から、すべてL型に取り換えました。

L型は壁に対して並行でスリムに取り付けられます。

そのため、家具の裏でもでっぱりが少なくスマートなんです。お薦めです。

結局、我が家はどうしたのか?

まず、これを1つ購入しました。

これを壁に差し込み、延長コード(左写真)をつなげました。

 

延長コードには、電子炊飯ジャーとオーブントースターをつなげました。

お米とパンを同時に食べることは無いので、同時に使用することはないと判断した結果です。

万が一同時に使ったとしても延長コードの先はブレーカー付きのタップが付いています。

消費電力が1500W以上になるとブレーカーが落ちてくれるので安心です。

ブレーカーは家のブレーカーでなく、このタップのブレーカーが落ちます。

電子炊飯ジャーとオーブントースターを同時に使用したら、両方の機器が止まるだけです。

もし、このタップのブレーカーが落ちたら・・・

電子炊飯ジャーかオーブントースターの使用をやめて、片方ずつ使用すればいいのです。

<落ちたブレーカーのリセット方法>

1.接続機器のスイッチを切る

2.差込口から機器のプラグを抜いて2~3分待つ

3.ブレーカーのリセットボタンを押す

これで復活できます。

ちなみに、このタップを2つ付けようとしましたが、キツキツで難しかったです。

残りのコンセントには、通常の使用では1500Wを超えないので電子レンジをつなぎました。

これで、我が家の調理機器のコンセント周りは、火災をかなり防げるようになりました。

(Visited 27 times, 1 visits today)
スポンサーリンク








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする