1,000冊読みの餌食になった本たち。47冊目。

スポンサーリンク




フリーで働く!と決めたら読む本。

気になっていた本。タイトルに比べて内容はずっしりと思い。

人間だから考え方はいろいろあってよいと思うのだけれど、これほどシンクロした本はない。

途中まで読んで作者はどんな人物が気になりネットで検索してみました。

実は、僕の気持ちの中に著者は年下と決めつけていました。

年下なのに凄いなぁとか年下には言われたくないよ・・とか、そういう気持ちがありました。

そして検索した結果、思いっきり年上。

とても自信が付きました。

というのも、僕のような生き方は難しいのだと思うところがありました。

しかし、大先輩が先に僕の理想とする生き方を実現している!

だから、僕にも可能だということが分かったのです。

この本を読んでやることは山のように出てきました。

本を見ながらやりたいぐらいでしたが、まずは最後まで読んでからと思い一気に読みました。

これから1ページずつ書かれたことを実行していこうと思います。

この本に書かれたことを実行するまでは、他の本との併読になりそうです。

この本は具体性があって、説得力があります。

僕自身、フリーになって失敗したことはたくさんあります。

その失敗のすべてが本の中で指摘されているというのも、信頼のおける本です。

確かに!だから失敗したんだと反省ができる。そして、再度チャレンジできる!

もう一度、僕自身の再出発のために、ガンガン始めていこうと思います。

僕は、一度独立に失敗した人にこそ読んで欲しい本だと思いました。

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら

(Visited 12 times, 1 visits today)
スポンサーリンク








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする