パソコン買うなら中古。20年以上、中古パソコンを買い続ける私の結論。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




パソコン買うなら中古です

私がとても残念に思うこと

以前、母親が20万以上するパソコンを購入しました。

知り合いにすすめられて、少しお値引きもしていただいたようです。

それがすごく残念に思いました。どうして、私に相談をしてくれなかったのか?

いつも、いつも、そういう機器を買う時は、私に連絡をするように伝えていたのに。。。

”付き合い”があるといっても、私が手配すれば10万円以上も出費を抑えられたのに。

母親が他に頼んだ理由

私は、母親が他の人にパソコンを頼んだ理由が分かりました。

実は、私の周りに・・・義父、会社の人などを含め3名ほどそういう人がいます。

その方たちには、普段から、私に頼んで頂ければうんと安く買えることを常日頃から伝えていました。にもかかわらず、同じようなことが起こり、その度に悲しい気持ちになりました。

どうしてなのか? ようやく原因が分かりました。

私が手配するのは「中古パソコン」だからです。

母親も義父も会社の人たちも私より年上です。「中古」というものに抵抗があるようです。

それゆえ、「新品」を安く買えるという知り合いや大手量販店で購入したようです。

どうして私は「中古」をすすめるのか?

その理由まで、上手く理解するように伝えることができなかったのがいけませんでした。

私は、その説明をしなければと思い、こうしてブログにまとめています。

「中古」だからこその安心

中古は”使い古し”というイメージが先行するのは仕方がありません。

実際、その通りですから。

それでも、あえて私が「中古」をすすめるのは、安いという理由だけではありません。

理由1:パソコンを取り巻く環境の変化が激しいということ

「今」最新のパソコンを購入しても、もっと処理速度の速いもの、もっと便利なものを開発、発売されるのが現状です。

私の母親もそうですが

私は、そんなに速いものはいらない、これで十分。

とよく言います。

けれども、パソコンの使い方がインターネットメインだとそうは言っていられないのです。

世界のインターネットの環境はドンドン進化&変化をしているからです。

綺麗な写真、映画というものは、とてもたくさんのデータ量で作られています。

専門的な事を説明すると長くなるので省きますが、そうした大容量のデータを再生するために
インターネットの通信速度も含めた進化が止まらないのが現状です。

つまり、私はこれで十分と言っていても、周りがドンドン変化するので、今持っているパソコンでは処理速度が遅くて使えなくなってしまうことが多々あるのです。
※じっと待つことがストレス(苦)でない人は大丈夫です

理由2:例えばBlue-Rayも同様

映像がきれいでDVDよりも良い!という宣伝文句で、世間がなんでもBlue-Ray対応になった時、パソコンでもBlue-Rayが再生できるようなものがたくさん発売されました。

しかし、ブームも一時で、やはりDVDのほうに軍配が上がっているのが現状です。

義父はこのブームの時にノートパソコンを購入したため、Blue-Ray専用ドライブしか搭載されていませんでした。

私が思い出の写真を集めたDVDを作成しても、義父のパソコンでは再生ができないのです。

どんなに最新で新品のパソコンを購入しても3~5年もすれば取り巻く環境が変わります。

その結果、高いお金を出して購入したパソコンなのに、上記のように自分のやりたいことができなくなってしまう可能性もあります。だから、取り巻く環境の中でベストな状況でパソコンを使用するには、3~5年ごとに買い替える良いです。

そうすれば、時代にマッチしながらも、自分のやりたいことがやれる環境を持ち続けることができます。

そのためには、新品を購入していたのではとても予算的に無理です。また、新品を購入して長く使おうとする考えが通用しない事はお分かりいただけたと思います。

3~5年で買い替えるには「中古」が一番です。

「中古」パソコンのメリット

1.既に動作していたというメリット

確かに、キーボードやマウスというものは、人が使っていたものだと気持ち悪いと感じる方が多いです。

けれども、中古パソコンの本体は、本体の中身までベタベタと人が触るものではありません。

本体の表面をサッと除菌クリーナーで拭けば、そうした気持ち悪さも一掃します。

一番のメリットは、そのパソコンは今まで動いていたということです。

故障したパソコンは大体が再起不能になりますので、中古で売られているものはそうした再起不能を修理して動くようにしたものではなく、ある程度使われて古くなったから手放されたというものです。

新しいパソコンでも中の部品同士の相性からくる、故障癖というものがあります。故障するパソコンは何度でも故障してしまうのです。そんな商品を買ってしまったら、新品でサポート付だといえども、腹が立って仕方がありません。

だったら、中古でも、今までしっかり動いていたものを選んだ方が、故障癖のパソコンに当たる確率は低くなります。

2.ランニングコストのメリット

そうやって、3年ほどしたら、今の中古を廃棄して新しく中古を購入します。

手ごろな中古商品は、最先端ではなくても、いわゆる「普通」を望む環境にはマッチしているのがほとんどです。それは、中古で出回るサイクルと技術の進歩のサイクルが、ちょうど「普通」にかみ合ってしまっているからです。

私は、ずっと中古商品を買い替えていますが、このサイクルは肌で感じていることです。

少々パソコンが遅くなったと感じたら、手ごろな中古パソコンを探し始めます。

だいたい3万円前後が1台当たりの値段です。

そうやって、普通の人が普通に楽しめるパソコン環境をずっと維持しています。

例えば3年に一回買い替えるとして、10年で約3万円x3台 ⇒ 出費が10年間で9万円。

新品を10年間使うなら、出費は20万円(国産の中級モデル)。

中古だけど、その時代に合った「普通」の環境を維持できる10年間で9万円。

新品だけどドンドン古くなり、それを10年間使い続ける20万円。

どちらが良いか明らかです。

3.購入後の故障の確率は新品と中古ほぼ同じだというメリット

ちなみに、私は10台ほど乗り換えてきていますが、中古パソコンがいきなり故障したというケースは1回だけです。新品なのにいきなり故障という経験も1回あります。

この新品のマシンはゲートウェイというブランドで、故障癖のあるマシンでは業界で有名でした。私は、そのハズレを引いたようでした。

ここから判断しても、故障の確率は中古も新品も同じです。

故障の際、サポートに違いがあります。それは、保証期間が違います。

だいたい中古パソコンは3日から30日ほどの補償期間があります。

中古の場合は保証期間が短いので、商品が届いたらすぐにパソコンをセットアップして使用しましょう。そして、普段通り使えるかを確認します。

調子の悪いパソコンは、だいたいすぐに症状が現われます。

もし、動作がおかしいと思ったらお店に連絡すれば、大抵、交換してくれますので安心です。

これらのことから、必ずしも「新品」である必要は薄れてきます。

4.安いというメリット

何度も触れますが、中古パソコンは安いです。

私は秋葉原が近いので、リクエストがあれば見繕って送ることができます。

また、目利きの部分でも25年以上の経験値がありますので、お店に行かずともネットオークション等で探すことができます。

母親の2度目の買い替え時は、私がネットで探したものでした。

母親は、とても処理速度が速いパソコンに感動していました。特に起動までに10秒程度というのが気に入っているようです。

また、購入して3年目に突入するところですが、故障は一度もありません。

少しだけ値が張りましたが、そのパソコンは38,000円(送料込)でした。

この先の時代背景と母親の使い方を見据えたパソコン選びをしたので、あと4年は十分便利に使えると思います。

5.中古なのに売れてしまうというメリット

いよいよ処理速度が遅くなり、捨てる・買い替えるという時期に直面したら、私はパソコンを分解して、パーツを売ってしまうことをおすすめしています。

内臓ハードディスクはにテレビの録画用にしたり、外付けのハードディスクに使えます。
※ハードディスクは個人情報がたっぷり入っていますので、使いまわすか廃棄するかになります。

メモリは数千円で売れます。

売らずに、次に購入するパソコンに増設するのも良いと思います。メモリの増設は処理速度を格段にアップさせます。

キーボードとマウスは捨てずにとっておきます。

中古パソコンを選ぶとき、本体だけを購入すればよいのです。本体だけの購入とキーボード・マウス付きのパソコンでは、本体だけの方が安く購入できます。

使えるものは取っておけば、いろいろ使えるのです。

また、売ってしまって次の中古パソコン購入の資金に補填することも出来ます。

ここまでお読みくださいまして「中古」のメリットをご理解いただけましたでしょうか?

ぜったいお得だと思います。

こういうことをしっかり説明せずにいたばかりに、私の身内には、高いだけの買い物をさせてしまいました。しっかり反省しています。

どうぞ、みなさまは賢くパソコン選びをしてくださいませ。

おまけ:新品も中古もデスクトップの方が良い

パソコンは、ご自宅で使うのならデスクトップパソコンが断然おすすめです。

それは、モニターの故障と本体の故障のリスクを分散できるからです。

故障した方を購入すれば良いので、出費が減ります。

大抵、モニターの方が長持ちします。

ちなみに、モニターも古くなったら売れます。

これも次回購入時の資金補填となります。

まとめ

このような理由から、新品を購入するメリットを見つけられなくなり、もう25年ほど中古パソコンを購入しては売り、しては売りして繋いでいます。

みなさまも、是非、チャレンジしてみてください。

ずいぶん昔、昭和の時代・・・我が家にテレビがやってきたとき・・・それはそれは大事に使い、管理していた時代がありました。

パソコンをそのように使っているご家庭も、まだまだ多いのではないでしょうか。パソコンとの距離感を縮めて、どんどん使う道具として距離を縮めて欲しいと思います。

そのためにも、気軽に買い替えられる「中古」をおすすめしたいです。

中古パソコンは楽天でも販売しています。ポイントをお持ちであれば、さらにお安く購入できますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

楽天 中古パソコン売り場

私で良ければ、お手伝いいたします。

質問もお答えできる範囲であれば、調べて回答いたします。

どうぞ、楽しいパソコンライフをお過ごしくださいませ!