悩みを相談しても、みんなそうだよ!と友達に言われると納得がいかないが、大大大先輩に言われると安心する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




僕は基本的に本が大嫌いです。

小学校の読書感想文を書くためにガリバー旅行記などを読んだけれど

ちっとも面白くないし、面白くないものだから感想文なんて書けない

・・・そんな小学校時代から、今も全く変わっていません。

けれど、自己啓発系の書物はたまに読みます。

悩んだ時などは、助けられました。

以前、どうしてこうも悩みが尽きないのか・・・?

そう疑問に思って、友人に問いかけると、「みんなそうだよ!」という

答えが返ってきました。

一瞬は安心したのですが、それもつかの間・・・ 本当かよ?

そんな疑念でいっぱいになりました。

結局、モヤモヤは解消されず・・・

そんな時、一冊の本に出合いました。

これ、お題の通り、大正時代の人が身の上相談をした内容と相談に

対しての回答が掲載された本です。

すっげー、面白い。

どこからでも読めます。

いろいろな悩みがあります。

僕と同じような悩みもありました。

あーーー、人間、時代が変わっても、悩みって同じなんだな・・・。

本当に安心しました。

ぜひ、一度、読んでみてくださいね。

YouTubeチェンネル始めました

YouTubeチャンネル「回想模型」では、作り方や素材について
雑談を交えながら撮影したものを流しています。
お時間のある時にご覧ください。
チェンネル登録もお忘れなく。

Bagikan video Anda dengan teman, keluarga, dan dunia