高齢化社会って、ダメなの?国が豊かなことだと思っていました・・・という思考回路。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




ちょっと最近不思議に感じたことがあります。

少子高齢化社会に突入し、これからますます拍車がかかり、大変な時代に

なるとマスメディアで報じられて何年も経ちます。

少子高齢化社会、少子高齢化社会、少子高齢化社会・・・

そういう報道には、どこかネガティブで不安をあおるような聴こえ方を

しているのは僕だけでしょうか?

少子化は最近になって高齢化社会と結びついた言葉ですが、高齢化社会に

ついては、10年以上言われていると思います。

どことなく、高齢化社会に対する策を講じなければ、大変なことになるよ

うなニュアンスが漂います。

■ 高齢化社会って、そんなに悪いことでしょうか?

そもそも僕たちのおじいちゃんやおばあちゃん、お父さんやお母さん・・・

そんな人たちが働きに働いて、生活水準を上げ、学問を身につけさせようと

学校に行かせ、賢い子供たちが医学を勉強し、日本人の平均寿命が延びたわ

けです。

その結果が高齢化社会です。

頑張って、頑張って、頑張って、行きついた先が高齢化社会です。

それをネガティブに表現したら、何のために頑張ってきたのでしょうか?

■ アフリカでは図書館1軒分といいます

昔、ブッシュマンという映画を見たことがあります。

面白くて何度も見ました。

大人になってテレビの再放送を見たとき、面白いだけではない、一つの言葉に

感銘を受けました。あるシーンで、その部族の最長老がなくなります。

その時、部族のみんなは悲しみました。

そして・・・ ”老人は知識の宝庫であり、老人がなくなるということは、図書

館1軒分を無くすのに等しい”とブッシュマンのニカウさんは言うのです。

そうした老人を大切にし、尊重する精神・・・大事ですよね。

少し、話が固くなりすぎちゃいましたね。

・・・・オノマトペ。