説明の断捨離。無駄な時間の断捨離。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




届かないものには意味がない。

例えば、お化粧品。

どんなに良い成分が入っていても、それが肌に届き効果を現すように

作られていなければ、その化粧品を使っても意味がない。

だって、届かないのだから。

それと同じように、何度言っても理解してもらえず、同じ失敗を繰り

返す人間には、自分の言葉が届いていないわけだから、そういう人間に

説明する事は意味がない。

もちろん、後輩への教育という部分においては職務怠慢です。

もっと、分かりやすく、理解しやすいたとえや表現で伝え、浸透させる

話し方を勉強しなければいけません。

けれど、同じ失敗ばかりを繰り返す毎に、しっかり説明をするにもかか

わらず、それが直らない人間に対しては、もう説明しなくても良いと思う。

届かないことに一生懸命になっても意味がない。

もし、それが自分の子どもであれば、何度でも何度でも届くように説明す

るけれど、立派な社会人であり、ましてや他人。

相手も理解しようとする気持ちが無ければ、届くはずもない。

届かないことに一生懸命になり過ぎることはやめようと思う。

・・・オノトペ。