仕事60「引越し」編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




■ 60以上の仕事を経験した僕。

すごいでしょ?!

・・・と、自慢しても、単なる腰の落ち着かないヤツ・・・で終るのが世間。

でも、いいのだ!

きっと、何かの役に立っているのだから。

きっと、これから何かの役に立つのだから。

なにより、人生充実してる。

これだけ、腰が落ち着かなかったら、これはもはや長所。

環境適応力が優れているという事ではないか!?

・・・と、勝手に想っている今日この頃。

僕の経験した仕事を感想を含めて1つずつご紹介。

仕事内容と感想を綴るだけの大して面白くない記事ですので、お暇な時にどうぞ。

■ 大学卒業までに経験した仕事 (13/24)

引越し

大学生の当時、給料が高かったのは肉体労働系。

その中でも「引越し」関係が圧倒的に日給、時給が良かった。

当時、バブルの影響もあったのか、引越しの仕事はたくさんありました。

そんな時代、○○-○○○○-8888で有名な引越し会社でアルバイトをしました。

今思えば、この会社の創業時にアルバイトができたことは、ちょっとした自慢です。

時代はバブル絶頂期。

リビングの窓から、デーーーン !!

・・・と、”東京タワー” の見えるマンションへ引越をしする・・・

場所は、六本木や麻布・・・こんなことは、よくある話でしたが、引越し作業とは

いえ、実際、そういうマンションに入れたことは、良い経験になりました。

本当にすごかった!!

家の広さや窓から見える景色・・・ どれもすごかった。

また、 持ち運ばれる家具やテーブルの豪華なこと!

引越しの作業員にも嬉しいサプライズがいっぱい!

引越しが終わると、作業員全員にデリバリーのピザがふるまわれ、チップもふるま

われました。

大抵、チップは社員に取られてしまい、帰りに缶ジュースをもらえるのがアルバイ

ト員の相場でした・・・。

そういうバブリーな場所の引越し作業では、芸能人を見たこともありました。

あばれはっちゃくの父親役:東野英心さんですけれど・・・。知らない?

「俺は あばれ はっちゃく」 っていうドラマ。

さて、力仕事では、負けず嫌いの僕。

社員が2人で運ぶ洗濯機を1人で運んで、見せつけたこともありました。

その日は、ご祝儀のチップを僕にも分けていただけました。

引越しは時給ではなく日給でした。

1つの引越し作業を1日でこなすことが一つの尺度でした。

早く終わっても、遅く終わっても日給は一緒。

早く終わらせれば、それだけ割が良い!

うまくいくと次の現場も行けます。

その場合、2つの引越し作業となるので、日給は2倍になります!

お金がないときは・・・

(仕送りは残らなかったなぁ、お母さん、無駄使いしてゴメン。)

ケチャップご飯をおかずにして、白いご飯を食べていた僕ですから

日給20,000円はとてつもなく大きい。

本来、車の運転もできると、もう少し日給は良いんだけれど、やっぱり、田舎から

ポッとでてきたイモ兄ちゃんが、都内で4tトラックなんて運転できるわけもなく・・・

いつも助手席で、ナビやら、バックオーライやらをしていました。

当時は、カーナビなんて無かったから地図帳とにらめっこ!

僕、地図、見れないんです。

だから、主に、オーライ、オーライ♪の声出し係でした。

疲労感と達成感を味わうには、引越し屋が最高です。

けれど、今はどうだろうか?

引越し業界も価格競争が進んでいます。

そして、社員の品質向上を目指した徹底的な礼儀の教育。

さらに、ノルマの達成・・・・大変だと思います。

達成感や爽快感を得るためと言う目的だけでは、しんどいかもね。

この仕事で荷物の運び方を覚えました。

ダンボールの角を持つと持ちやすいとか、家具なんかは、後ろの人が高く持ち上げると、

前の人が楽になるとか・・・

あと、「ここは無理でしょ!通らないでしょ!」・・・っていうような狭い”踊り場”を、

家具を縦や横にして通していく・・・そのやり方には、いつも感心していました。

今でも、そこやかしこに、この時の経験が生きています。

以上・・・・オノマトペ。