当たり前ではないことに気が付くこと。今回は台湾旅行で気が付きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




台湾に行ってきました。

詳しい旅行日記は、別ブログでご報告することにして、今回の旅行でつくづく

感じたことを記載させてもらいます。

台湾は、スクーターがビュンビュン!

車も歩行者がいてもお構いなしに横断歩道を曲がってきます。

車もバイクもかなり乱暴な運転です。

・・・にもかかわらず、もめているようなシチュエーションには一回も遭遇せず。

それどころか、クラクションんをバンバン鳴らすような場面にすら遭遇しない。

これが日常なんですね・・・不思議。

排気ガスがすごく、マスクするのもわかる気がします。

夜の街は「夜市」で揚げ物やご飯の匂いが立ち込めています。

強烈なのが「臭豆腐」。

臭豆腐の匂いというものを知らない僕は最初だけ確認しました。

くっせーーー!

これで記憶してしまったら、次回からは、遠くの匂いでもピン!とわかるくらいです。

そして、どこにいっても「八角」を使った料理の匂い。

コンビニには味付け卵がほぼ100%おいてありますが、これも八角の味付け。

僕にとって、台湾の思い出は、街のどこかから必ずしてくる「八角」と「排気ガス」の

匂いです。

ふと、日本に帰って思い出すのは、無臭という空間や時間があることです。

台湾にはなかったそういう空間と時間。

普段当たり前のようなことが、実は当たり前ではなかったという感謝。

本当に、ありがたいと思いました。

・・・・オノマトペ。