2年越しの「こたつ」探し。ようやく納得できるものを買うことができました。参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




我が家にこたつがやってくる!

2年くらい前から部屋にこたつを置きたくて、いろいろ悩んでいました。

悩みの原因は、以下の通り。

・ 値段(こたつ本体、敷布団、掛布団)

・ 電気代

・ 冬以外

・ 自作

自作

自作といっても、ヒーター部分だけを購入して、適当な机に取り付けるという方法です。

実際、ヒーター部分だけで商品として販売されていました。

安いもので、3,000円弱~ 売られています。

最初は、これで十分だと思いましたが、掛布団や敷布団が必要ですので、なんだかんだ言っ

て、全部あわせると10,000円を超えていきます。

それなら、10,000円くらいで全てセットになっているものが良いのではないかと、いろいろ

探してみましたが、75cm x 75cm といった一人用のこたつくらいしか見つかりませんで

した。 我が家は2人暮らしなので、小さすぎます。

あと、もう一つ、自作を断念する理由は、ヒーターを取り付ける部分に専用の板がないと火

災を引き起こす可能性があるというのです。

普通のちゃぶ台にDIYで取り付けるようなものではないということが判りました。

こういう商品は、こたつ台を持っていて、ヒーターが故障したときに取り換えるようとして

あるようです。

よって、自作は諦めました。

電気代

購入したこたつのスペックは以下の通りです。

寒い、寒い!とエアコンをつけて、毛布を足腰に撒いて椅子に座ってテレビを見るより、部

屋が温まったら、エアコンを止めて、こたつの電気を入れ、足を温かくしてゴロンと寝なが

らテレビを見ていた方がリラックスできて電気代がお得ということが判りました。

冬以外

案外見落としてしまうのですが、ここは結構大事です。

冬以外でもちゃぶ台として利用しようと思いますが、こたつ台のデザインによっては、ヒー

ターの部分が横から丸見えのタイプがあります。

客人に、「あれ? あー、これ、こたつなのね。」と見抜かれて恥ずかしい思いをします。

まぁ、全然恥ずかしくない人は良いのですが、僕は、客人がどうのこうのより、ヒーター部

分が見えているということが嫌です。

なので、そういうところもチェックします。

値段

これが、結構、大変でした。

ポイント〇倍Day!やら、送料無料かどうかを3点セットのこたつで探します。

あと、強いて言えば大きさです。

正方形より長方形の方が足を延ばせそうなので、長方形でゆっくりゴロンとなれそうなもの。

どんどん値段が上がっていき、遂に、2択まで絞り込みました。

結果的に少々高くても天板が厚くしっかりしていて、ヒーターも石英管の熱をファンで空気

を混ぜるタイプのものに決めました。ヒーター部分は横から見ても見えないようになってい

るので、夏でもこたつ台を使えます。

足の高さも調節できるので便利です。

敷布団も掛布団もそこそこの厚みがあり、洗濯機で洗うことができます。

そうして、ポチっと購入したのがこれです。

これで、ゆっくりと足を延ばし、こたつに入りながらアイスやみかんを食べる。

これが、日本の冬ですね!

ちなみに、ポイントを使って送料込みで10,000円の出費で済みました。

注文から到着まで3日というスピード。到着してから、組み立て時間は20分くらい。

我が家も、この冬はこたつでぬくぬく、読書、みかん、雪見大福と・・・楽しみます!

・・・・オノマトペ。