克服!外出・旅行はトイレが心配。僕も出かけるとお腹が痛くなってしまう人でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




腹痛(トイレ)の心配と悩み

ずいぶん長い間悩まされました。

ひどい時は、近所の定食屋さんに行く時でも心配で仕方がありませんでした。

僕の場合、一人で行動しているときは平気なのですが、他人と一緒に行動するとなるとダメ

になっていました。

・ 一緒に食事に行く

・ 一緒に取引先に行く

・ 団体ツアー(これなんかはもってのほかでした)

理由は自分でもわかっていました。

それは、他人に迷惑をかけたくないという気持ちがあるからです。

トイレの無いバスツアーなんかは最悪で、絶対参加しません。

団体行動は、僕一人がお腹痛くなったら、皆さんに迷惑が掛かります。

同行営業も同じで、僕のせいでアポイントの時間に遅れたりしたら迷惑が掛かります。

複数人で行動していると、自分だけトイレに行きたいと言えない雰囲気もありますよね?

だから、極力そうした行動は避けていました。

しかし、突然、当日になって同行営業をさせられたりすると、それだけで決まってお腹が痛

くなり、途中下車をしたりして迷惑をかけてしまします。そうした実際に起こってしまう迷

惑が余計にトラウマとなり、ますます、複数人での行動を避けるようになりました。

だんだん、旅行も楽しくなくなり、生活にも支障が出てきました。

何とかしなければといろいろやってみました。

安心材料を作る

事前にトイレのある場所を頭に入れる

旅行先や営業先のトイレのある場所を事前にチェックします。

旅行であれば休憩時間と移動時間を頭に入れて、車中は何分だから大丈夫だとか計算します。

電車移動であれば、トイレのある車両があるのかどうかをチェックします。

営業先のコンビニをチェックしたり、駅ビルのトイレをチェックします。

トイレが街のあちこちや移動手段についているということで安心します。

腹痛が起きたら何分我慢できるのかを測る

腹痛が起きたら、最大何分我慢できるのかを、実際に腹痛が起きたときに計測します。

その時、どういうことを考え気を紛らわせたのか? 何か薬を飲んだのか? 座っている

のか、立っているのかなど、できるだけ情報を集めておき、そうしたことをすることで最大

何分我慢できたのかを測っておきます。

これによって、万が一、複数人の行動の際、実際に腹痛が起こっても、その時間内でトイレを

探し行動すれば、何とかなると思います。

自分の便意サイクルをサプリメントで調整する

実際、便通を改善するサプリメントを飲んでみました。

そのサプリメントの粒数や飲むタイミングを表に付けておきます。いつ、何粒飲むとだいた

い何時間後に便意を感じてトイレに行くのかをメモしておきます。

旅行…特に海外旅行などに行くときは、このサイクルを頭に入れておき、サプリメントで調

整します。

つまり、便意をコントロールし、万が一の時でもトイレがどこにあるのかを知っていれば安

心という方法をとったのです。

吹っ切れる原因となったこと

漏らしてもいい(漏らしてみる)

お腹が痛くなって、トイレに行きたくなって・・・

それでもトイレがなくて、きっと自分の我慢できる時間を超えると予想されるときがありま

した。

少しパニックになりましたが、もう本当にトイレの心配することが嫌になっていましたので

”もういいや・・・漏らしてみよう・・・”と思いました。

”換えのパンツはコンビニで買えばいいし、周りに臭いにおいを放っても仕方がない・・・”

もう、いろいろ頑張ってきたけれど、もういいやって、下腹に力を入れてみました。

自然に漏らすのではなく、もう、そこでしてやろうと思いました(笑)。(電車内)

しかし、いくら力んでも漏れてはくれないのです。

人間の体や思考って、こういうものなのかと感心しているうちに30~40分後に駅に到着しま

した。

トイレに入ると下痢でした。下痢という状態なのに漏らそうと思っても出ない!これが不思

議でたまりませんでした。

この一歩はとても大きかったです。

体にとって良くないものは排出しようとします。出すな!と思えば思うほど、体にとって有

害だから出そうとする力が強くなります。逆に、出せ!と強く思えば思うほど、そこには理

性が働き出さないようにするのではないかと思います。

漏らしたのは何回?

実際、漏らしたことは何回あるのか考えてみました。

恥ずかしながら1回あります。

とはいえ、トイレには駆け込みましたが、ギリギリアウトだったという1回です。

こんな風に神経質になる前から数えても、たった1回です。

それなのに、僕はどれくらい長い間心配しているのだろう・・・?

そう考えたら、漏らす確率は低いということに気が付きました。

まとめ

今では、旅行とか同行営業とか平気になりましたが、このトイレの心配の悩みは実に5年以

上です。海外旅行に行っては、前回は9泊10日なのに大丈夫だったから、今回の2泊3日の国

内旅行くらい平気!とか・・・常に、トイレの心配ばかり。

食事も極力少なめで、現地の料理なんか苦痛でしかありませんでした。食べるとおいしいの

ですが、そのあとは決まってトイレの心配でした。

今は、ほぼ正常な精神に戻りました。

だって、出したくなったら出せばいい。漏らせばいいや!って、思っていますから。

出るものは出る!仕方がないのです。

それで良いと思ったら気が楽になりました。

実際、漏らそうと思っても漏らせないことにも気が付きました。

みなさまの中にも同じような悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、一回、ちょっと

漏らしてみようとしてみてください。案外出来ないものです。

そのことが、お悩み解決のヒントとなれば幸いです。

・・・・オノマトペ。