タルテックス セーフティシューズ(安全靴)を一目惚れ!早速、履いてみた・・・感想。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




タルテックス セーフティシューズ 購入の決め手

そもそも安全靴や安全ブーツを格安で探していました。

足先に鉄板の入っているやつ。

安全靴はブーツのようで重くて蒸れやすいかも・・・

でも、黒いブーツってかっこいいし、編み上げタイプならなおかっこいい!

しかし、高いんだなぁ・・・。

何かないかなぁ・・・

とネットサーフィンしていると、このシューズにぶち当たったというわけです。

このシューズに鉄板が入っていると思いますか?

ここに入っています。

この意外性が良いです。

黒ではないけれど、アディダスやケースイスのような線が入っている。

普段使いにも良さそうで、2,000円台で購入できるというのが決め手でした。

そして、街中でのシューズかぶりの率も少なそうだというのも購入の決め手でした。

僕の中では、超マイナーなブランドでしたが、調べてみると・・・。

タルテックス セーフティシューズ

1938年にアメリカはバージニア州で誕生した歴史あるブランドです。

本国のマーケットでは、上質コットン100%のTシャツなど、定番のボディウェアメー

カーとして広く知られているそうです。

初日の履き心地

足裏への感覚

今までナイキのスニーカーを履くことが多く、それに比べると地面を直接感じやすいとい

うか、クッション性がないという感じですが気になりません。

というか、足の裏で歩いている感じがして、僕は好きです。

ソウルはこんな感じです。

鉄板が入っていても、約345±10g(26.0cm)です。

僕の場合は28cmを購入したのでもう少し重さがあるかもしれませんが、全くストレスはあ

りません。僕は、通常、27.5cmですが、27.0cm以上は1cm刻みのサイズ展開のようです。

なので28cmを購入したのですが、少しユルイという感じです。

つまり、いつも履いているサイズで購入すれば、キツイということはないので、ネットで購

入してもサイズ違いが起きにくいと思うので、安心です。

かかと

新しい靴は、かかとにまめができることが多いのですが、これは大丈夫でした。

もともと現場で働く人たちを対象としているので、まめなんかできていては仕事にならない

のでしょう・・・かかとにあたる生地は分厚く、とても履き心地が良かったです。

インナーソウル

脱着可能です。

洗うことができるので良いと思います。

タルテックス セーフティシューズ 総評

履き心地と安全性と値段から、かなり満足しています。

あとは、夏の蒸れる季節を通して履いてみて、どんな感じかを様子を見てみたいと思います。

とはいえ、蒸れる季節を除けば、かなり使い勝手は良いと思います。

ショッピングセンターのようなツルツルした床の上を歩くと、キュッ!キュッ!と音がする

シューズが多いですが、こちらはしません。しかし、グリップ感は落ちていません。

さすが、現場主義!

カラーバリエーションも多く、リピート確率はかなり高めです!

送料含め安いところのお店のリンクを貼っておきますので、気になる方はどうぞ。

[wpap service=”rakuten-ichiba” type=”detail” id=”workcompany:10000004″ title=”安全靴 スニーカー TULTEX(タルテックス)4本ラインセーフティーシューズ 女性サイズ対応『3カラー』 AZ-5…”]