1,000冊読みの餌食になった本たち。2冊目。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




空想科学読本2。

まじめな本ばかりを読むつもりはなく、こういうのもいいかなぁと思って購入。

シリーズ化されているけれど、2、3、5があったので購入しました。

そして、2を読み始めましたが、恐ろしくつまらない。これは僕のレビューなので、正式なレビューは、Amazonなどで参考にしてください。

もっと、わかりやすく科学してくれると思ったのだけれど、チンプンカンプン。

おまけに、この文章力ときたら、ノリツッコミ的なものがイライラさせます。

必殺技、飛行速度など、怪獣やヒーローについて解説しながら、それらがいかに無理なのか、そして再現するにはどうしたらよいのかを科学しているのですが、字も小さく数字が多く、読み進める気持ちに急激なブレーキをかけてきます。

唯一、巨人の星「消える魔球」のところだけ、まぁまぁ真剣に読んだかな。

あーーー、あと、2冊もあるよ。少し憂鬱。でも、飛ばし読みOKなんだから1,000冊読破に向けて、読んでくよ~!

[wpap service=”with” type=”detail” id=”4840115664″ title=”空想科学読本2[新装版] (空想科学研究所の本)”]

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら

YouTubeチェンネル始めました

YouTubeチャンネル「回想模型」では、作り方や素材について
雑談を交えながら撮影したものを流しています。
お時間のある時にご覧ください。
チェンネル登録もお忘れなく。

毎週土曜日に動画をアップしています。
楽しく動画投稿を続けるために、編集、字幕設定等はしていません。
いろいろ時間をかけると手間がかかるし、そのうち面倒臭くなってしまいそうなので、台本無しの一発撮り。
自分が楽しく続けられるYouTubeを心がけています。
HowTo動画は、もっと上手な方々にお任せして、こちらでは、雑