これ、いいかも! Runtage アスリートランナーPRO V2 を履いてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




[wpap service=”rakuten-ichiba” type=”detail” id=”footraku:10000438″ title=”【日本製】Runtage アスリートランナーPRO V2 ランテージ アスリートランナープロ バージョン2 スポーツタ…”]

履き方

よーし!走るぞ!と気合を入れて走り始めました。

数十メートルも走ると、少しずつウエストが下がってくる・・・・あれ?

その繰り返しを数回。

サイズが合っていなかったのか? あの営業マンめっ! 返品交換できるかな?

いろいろな思いがこみ上げてきましたが、今、この走りにくさを解消しなければ!

くるぶしあたりから、若干、強引に上に引き上げるようにして、全体的に上へ上へと手繰り寄せ、太ももの付け根までキッチリ合わせる。

すると、ずり落ちはなくなった。ジョギングから戻り、確認してもずり落ちていない。

これは、履き方が悪かったのだと、メーカーの販売サイトで履き方を再確認。

下の画像が、そのサイトにあった履き方です。

膝のわりかし上の方でラインが交差するようにするのね・・・僕は、適当でした。

これがいけなかった。。。。安心、安心。

次のジョギングは、もっと快適だぞ!

実際の効果

ジョギングを開始したのが 10/9 です。翌日も筋肉痛をおしてジョギング。この無理が良かったのか、筋肉痛が軽減するとともに、昨日よりもバテて歩く距離が短くなる。

10/11、12とジョギングができず、13日は18,000歩ほど歩くという状態で、久しぶりのジョギングが、本日 10/14 です。筋肉痛はなく、けだるさもなくといった状況で、アスリートランナーPRO V2を履いてジョギング開始!

先日よりも、バテて休む時間がもっと短くなり、ほんの少しだけ距離が伸びました。走り始めから「お!?足取りが軽い!」という実感があり、走り終えても疲労がたまっていない感じでした。

アスリートランナーPRO V2は通気性が良く、速乾性もあるように思います。

自宅に戻り、アスリートランナーPRO V2を脱ぐと、爽快!!!とても清々しい気持ちになりましたが、驚く現象が!

脱いだ途端、太ももが震えそうになるというか、膝から落ちそうになるというか、力が入りにくいんです。

これを分析すると、アスリートランナーPRO V2のお陰でしっかりサポートされていたということです。このサポートのお陰で、疲労を感じさせることなく長く走ることができたということです。結果的に、無理を無理と感じさせずトレーニングができるので、自然と筋力アップも出来るのだと思います。

アスリートランナーPRO V2は筋力アップのためのタイツとは謳っていませんが、ジョギング初心者にはこうしたサポートのお陰で筋力が付き、長く走れるようになることは、とてもありがたいことです。

自分に合うサイズは、以下のページでまとめていますので参考にしてください。