1,000冊読みの餌食になった本たち。22冊目。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




40男が同人デビューしていきなり1000万稼いじゃいました。

絵が描けたら自分のホームページなどのデジタルコンテンツにもっと幅が出るのに!

そんなことをずっと思っています。

今回、目に止まった本は「稼ぐ」ということにフォーカスしていますが、どちらかというと僕は、著者は絵を描くことに関しては全くの初心者にもかかわらず、ビジネスでの必要性から絵を学び、描けるようになっていくことに感銘を受けました。

しかも、18禁アダルトというジャンルの絵を、たった2週間ほどでやってしまったということにすごい勇気をもらえました。

表紙カバーやタイトルから想像した内容とは違い、スラスラと読める割にはガツンとした内容ですが、少々、しつこい部分もあり・・・あれ、前も同じようなことが書いてあったぞ?ということが何度かありました。

まぁ、ドッグイヤーを付けずにすみましたが(笑)。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”4408420891″ title=”40男が同人デビューしていきなり1000万稼いじゃいました”]

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら