1,000冊読みの餌食になった本たち。39冊目。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




「一〇三歳になってわかったこと」

[wpap service=”rakuten-ichiba” type=”detail” id=”book:18453473″ title=”一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い (幻冬舎文庫) [ 篠田桃紅 ]”]

長生きしたらどんな世界が見えるのだろう、どんな考えが生まれるのだろう・・。

「死」に対しての考え方とか、そんなことを知りたいと思い、読んでみました。

3ページほど感心する文章や世界観に出会うことができました。

彼女の作品を見たことはないし、この本を読んだことで見たいと思うところもあったけれど、あえて見ずに、このまま、もう少ししたら読み返してみたいと思いました。

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら