見積・納品・請求書に自分の会社印またはロゴを入れて押印作業を省く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




書類作成を少しだけ楽に

販売らくだ3

現在、販売らくだ3というソフトを利用しています。

このソフトは、見積書や領収書、請求書を好きなフォーマットで作れる便利なソフトです。

請求書を納品書や請求書に転記できたり、請求書を納品書や見積書に転記できます。

請求書のコピーも出来るので、毎月、同じ金額の請求先にも役立ちます。

ずいぶん昔から使っていますが、さすがにバージョンが古いです。

そのためか、それら書類を印刷した後、会社印や担当印を押さなければいけません。

そして、それをデータで送て下さいと言う会社には、スキャンしてPDFやJPGにして、メール添付で送信しています。

会社のロゴや印鑑の印影を印刷出来たらいいのに

常々、販売らくだ3の機能に、会社のロゴや印鑑の印影も一緒に印刷出来たらいいのにと思っていましたが、どこの設定を探してもそうした機能はありませんでした。

ずいぶんとこの環境で仕事をしてきましたが、最近、会社印を無くしてしまいました。

探せばあるのですが、そういう時に限って月末の請求書を発送するタイミング。なんとも間が悪いというか・・・、私は結構そんな人間です。

そして、ヤフオクのくじで30%OFFのクーポンが当たってしまう。

これは、ソフトを買い替えろという暗示ではないか?

そして、いろいろネットで調べると、販売らくだの販売会社にある「かるがるできる販売20」というソフトが一番安くて、私のやりたいことが出来るということが分かりました。

かるがるできる販売20

会社印や担当印の印影の登録が出来るか、サポートセンターに連絡して確認すると、問題なくできるということでした。

ついでに、販売らくだ3のデータをエクスポートして「かるがるできる販売20」にインポートできるかを尋ねると、それは出来ないということでした。

まぁ、さほどデータベースを使いこんでいるわけでもないので、それは諦めました。

ヤフオクの30%OFFクーポンの利用時間に限りがあるので、あまり悩んではいられない。

ヨドバシカメラ、楽天、アマゾンでも販売されていましたが、30%OFFのクーポンを使えば、ヤフオクが最強に安かったので、すぐに購入しました。

かるがるできる販売20を使ってみる

もともと、会社印のデータはイラストレーターで作ってありました。

それを「かるがるできる販売20」に読み込ませてみました。

ところが、読み込めるデータは、ビットマップかJPEG形式です。私の持っているデータはGIFなので、一旦、ペイント系のソフトでロゴを読み込みJPEG形式で保存し直しました。

自分の印鑑は以下のサイトで作成しました。

明朝体スタンプ - ポエムやロゴ、絵文字が作れてインスタ用に写真加工できるテンプレートが無料。TwitterやLINE(ライン)スタンプ、Slackやインスタ、ブログのアイキャッチ用に画像をダウンロードしよう!スマホ、iPhone対応!無料、登録不要。

しかし、なんと、登録できる画像データは1つまでです。

普通、見積書などはこんな風になっています。赤丸のところです。

それに、印鑑の登録は出来ないようです。

事前の確認が、甘かった。

ならば、会社印と個人印を一つのデータとして保存したら、美味いこと下の欄に個人の印鑑も配置できるのではないか?

・・・と、やってみましたが、ダメでした。

よくよく考えてみれば、私は個人事業主で、一緒に働く社員はいません。

それなら、何も担当者を分けるための印鑑の欄は必要ないよね?

という結論になり、その欄をとってしまいました。設定で簡単にとれました。

そのうえで、請求書を実際に印刷してみました。これでいいじゃん!

もし仲間が増えたら、担当者のところにそれぞれ名前を入れればいいんだし、これで十分。

GIFからJPEGに変換して、さらに別ソフトからの印刷で会社印の劣化が心配されましたが、大丈夫でした。

「かるがるできる販売20」はPDFでの印刷出力も出来ますので、そのままメールに添付して送ることも出来ますので、今までよりも作業が早くなりそうです。

[wpap service=”rakuten-ichiba” type=”detail” id=”ec-current:12638094″ title=”BSLシステム研究所 かるがるできる販売20 見積・納品・請求書+領収証”]