シリコンマスクフレームのレシピ公開。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




私が出来ること 対 新型コロナウィルス

本当は、多くの方のサイズをお聴きして製作して、お渡しできれば良いのだけれど、悩みました。

材料費だけでもいただくとなると、立派な商品となってしまいます。

商品である以上、すぐにダメになってしまったり、粗い作りでは良くありません。

でも、置くいうものを作れない方にとってはありがたいはず・・・そんな気持ちでした。

けれども、応えはすぐに出ました。

作り方を教える。

このことで、多くの良いことが起こると期待させたからです。

  • 自分にピッタリのものが完成する
  • STAY HOMEでの時間を楽しく過ごせる
  • 作り方のシェアによって高い消耗品マスクが必要ではなくなる

主だったメリットはこういうところです。

このシリコンマスクフレームはハンカチなどを取り換えれば半永久的に使えます。

そして、工作感覚で簡単に作れます。

ぜひ、皆さんでこのレシピをしシェアしていただけると幸いです。

中には、パテント(特許)や商売を薦めてくださる方もいますが、どうもダメみたいです。

私自身、そうすることで胸の奥がザワザワするからです。

けれども、ご依頼があればお作りしますが、商品としての綺麗さなどは期待しないでください。(※フェイスブックからメッセージをください)

碓井 努さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、碓井 努さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

シリコンマスクフレームの作り方

材料

  • シリコーン
  • プラスチックまな板 2枚
  • 木工用ボンド
  • 瞬間接着剤
  • 紙コップ 2個
  • プラスチックスプーン 2本

まず、シリコーンを用意します。

パッケージが変わっているようです。

私が使ったのはこれです。

シリコンマスクフレームの型を作る

100円均一でプラスチックのまな板を2枚ほど用意します。

これを横に半分にして同じ形の丸を4枚、楕円形を2枚作ります。

4枚の丸の内、2枚ずつを接着剤で貼り合わせます。

そうすると、2枚重ねの丸が2枚できます。楕円形も同様に貼り合わせます。2枚重ねの楕円形は1枚できたことになります。貼り合わせの際、瞬間接着剤を使います。ふちの部分と真ん中あたりに塗るだけで十分です。

  • 2枚重ねの丸X2枚
  • 2枚重ねの楕円形X1枚

新しいまな板も横に半分に切ります。

そのうち1枚を陸上競技のトラックのような、大きな楕円形を描き、切り取ります。

切り取った大きな楕円形を使わず、穴になって開いた方のまな板を使います。これも2枚用意して貼り合わせます。

残りのまな板の上に、2枚重ねの大きなトラック競技場のように穴が開いたまな板を重ねます。

そしてその中に丸と楕円形を下の写真の通り、左右と真ん中に配置します。

この場合も瞬間接着剤で貼りつけます。

この配置が、自分に合ったサイズにするための重要な部分です。

現在、お使いのマスクなどを参考に寸法を出しましょう。

私の場合、サイズは以下のようにしました。

すべての図形が貼りついたら、木工用ボンドで段差のあるところを埋めていきます。

下の写真は乾燥後になりますが、丸や楕円形、大きなトラック競技場のような外周も木工用ボンドを塗っていきます。

これは、僅かな隙間の間にシリコーンが流れ込むことを防ぎます。

シリコーンを作る

それぞれの溶剤AとBを別々の紙コップに同量入れます。

<コツ>

紙コップの底から2cmほどのところに線を描きます。その線は、紙コップの内側からも透けて見えるので、内側にも線を描きます。

これで同じ量の溶剤をそれぞれの紙コップに用意することが出来ます。

どちらかの紙コップにすべての溶剤を混ぜます。2分間、しっかりかくはんします。

紙コップの隅の方も忘れず混ぜます。

シリコーンを型に流し入れる

先ほど木工用ボンドで隙間にシリコーンが流れ込むことを防止しましたが、しっかり木工用ボンドが乾いたかを確認したら、いよいよシリコーンを流し入れていきます。

紙コップからスプーンやヘラに伝わせながら少しずつ流し込みます。

あふれ出ないように、はみ出ないように、ゆっくり、ゆっくり、慎重に行ってください。

シリコーンはすぐには硬化しませんので、ここではたっぷり時間をかけて流し入れます。

完成と取り出し

約8時間後、指で端の方を触ってみてべとつかないようなら完成です。

型から剥がしていきます。

今回使用したシリコーンは、日本食品分析センターでしっかり分析されたものです。

チョコレートなどを流し入れるためにつくるシリコーンとして合格しているものですので、安心していただいても大丈夫だと思います。

完成したものを試着してみました。

少し、耳の部分がきつく、鼻とあごの距離もあっていないように感じましたが、絶対無理という感じではなかったので、型を微調整すれば、私に完全フィットするシリコンマスクフレームが完成しそうです。

家族と一緒に楽しみながら作れて、何度でも使えるシリコンマスクフレームのレシピでした。

今回購入したシリコーンの溶剤は、先ほどのようにお菓子の型作りにも使えます。

マスクのフレーム以外にもいろいろ使えますので、楽しい工作を楽しんでみてください。

そして、この記事をマスクで困っている人、時間が有り余ってストレスを感じている人などにシェアをしていただけると幸いです。

また、少しでも経済が回るお役に立てたなら嬉しいです。