累計アクセス40万、来訪者30万… 読者に感謝です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




なんだかんだで累計アクセス数が40万を超えました。

訪れた人は、30万人以上。

ここまでにかかった時間は、4年と少し…。

僕、オレ… そんな風に自分のことを表現し… 今は「私」という表現が多くなりました。

ブログを始めたころは、ブログで稼ぐ気持ち満々でした。

当時のブログで稼ぐための方法は、ただ一つ。それは、たくさん記事を書くこと。

確かに、1,000記事を目前にして、キラーコンテンツ(人気記事)が無いものの、毎月1.000円ほどのアドセンス広告料が入ってくるようになりました。けれどもその程度。

楽な暮らしを手に入れるためにブログの広告収入を狙うのは、間違い。

それでも3万円ほどの振り込みはあるので、ちょっとした自分へのプレゼントができます。

ブログを書き始めた当初は、今、こうして書いているように、ただただ書きつなれるだけでした。

見出しも見出しとタイトルの関係もキーワードも考えず、書き綴ってきました。

読みやすい構成… 目次や見出し、小見出し、写真の追加… そんなことを今では工夫するようになっています。

こうして振り返ると、よくも1,000記事も書くことあったなぁ… ということです。

私は、相当な欲求不満で、社会や人間に不満が溜まりに溜まっていて、また、そうした感情が溜まりやすい人間なのかもしれません。

ブログで稼ぐためには、一つのテーマについてたくさんの記事を書きなさいと言われます。それは、そのブログサイトが専門性に富んだものになるからです。
とはいえ、例えば、自転車が好きだからと自転車のことだけで4年間も、1,000記事も書けるでしょうか?

稼ごうとすればするほど、書きたくなくなってくるものです。

ですから、ブログで稼ぐというのは、続けてなんぼ… だと思うのです。

私には公開していない下書きの記事が100ほどあります。そういう記事を読みやすくして今後も公開していくつもりです。その間も今まで公開された記事はアクセスを集め続けてくれます。

そうやって、少しずつ広告料が増えていくのだと思います。

長い年月がかかることは最初から予想していた私は、ブログを無料のブログサイトで作らず、自分でサーバーを借りて作りました。

無料のブログサイトだと突然アカウントが停止されたり、サービスを打ち切られたりしますが、そうしたリスクがなくなります。

ただ、唯一のリスクは存在します。
それは、Googleがアドセンス広告をやめるということです。

そういう情報は、今のところ聞きませんが、この先無いとは言えません。

こういう元も子もないことを考えると、ブログで稼ごうという気持ちがなえてくるのではないでしょうか? 私も最初はそうでした。
けれども、それだけアクセスを集めるようになれば、ブログは立派なメディアとしての位置づけとなります。

バナー広告や企業のサンプル紹介といった仕事が舞い込んでくると思います。

だから、テーマを絞らなくても丁寧に書き続ける。

4年やってきた私ですら、月に1,000円程度です。
だからブログで稼ぐことを目標にしてはいけないのです。

日々あったこと、感じたことを成長記録として記録する。そのついでにお小遣いがもらえる。そのお小遣いで買ったものをブログネタにして楽しむ… そういう風に楽しむのが良いと思います。

こんな風に余裕が生まれてきたのも、こんな私の記事をお読みくださる方がいるからです。
ここに、感謝申し上げます。

引き続き代わり映えのしない記事を投稿して参りますが、今後もご覧いただけると幸いです。