【センドク】読書ノート 179冊目|日本語の正体―倭の大王は百済語で話す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




参考になるかどうかはわかりませんが、読んだ本の感想などを書いています。結構、好き勝手なことを書いています。ネタバレもあります。

本を1,000冊を読もうと2018年9月に読書を開始しました。「挑戦・読書1,000冊」としてカテゴリーを新設しました。

1,000冊読書を「センドク」として、ブログのタイトルに付けて、統一したいと思います。

「読書ノート」としては、情報の不足が多々ありますが、参考になれば幸いです。

読書ノート

タイトル名:日本語の正体―倭の大王は百済語で話す

著者:金 容雲 (著)

読了日:2021年7月12日

全体的な感想

読み始めから中盤部分までは全く面白くなく…
きっと、私の中で、何かロマン的なものを期待していたからだろうと思います。

読み進めるにつれて、他の本からの知識である、日本の神様…
つまり、神様が日本という国を作ったという神話が、あまりにも汚らしい表現が多くあることに対しての納得できる理由のようなものを想像することができました。

言葉の変化は、国の進むべき方向で変わっていく。
ただ、文法が変わらないことがほとんどなので、日韓語はどうしてこんなにも似た言葉があるのに離れていってしまったのかを理解できる本でした。

最後までロマンは感じられませんでしたが、日本という国は神が作ったものではないということだけはハッキリしました。

日本の国の成り立ちというのは、どこかぼやーッとしていて、何でも神様に例えているけれど、こんな風に教えてもらえたのは良かったと思います。

ひとつだけ良かったところをあげるなら

内容よりも書き方が良かった。

この本、横書きなんです。
結構難しい本だと思うのですが、横書きゆえに眠くならなかったのかもしれません。
最後まで読むことで、深いところで日本人のルーツを理解できたような気がします。

1,000冊を読むためのルールは↓こちら

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら

YouTubeチェンネル始めました

YouTubeチャンネル「回想模型」では、作り方や素材について
雑談を交えながら撮影したものを流しています。
お時間のある時にご覧ください。
チェンネル登録もお忘れなく。

毎週土曜日に動画をアップしています。
楽しく動画投稿を続けるために、編集、字幕設定等はしていません。
いろいろ時間をかけると手間がかかるし、そのうち面倒臭くなってしまいそうなので、台本無しの一発撮り。
自分が楽しく続けられるYouTubeを心がけています。
HowTo動画は、もっと上手な方々にお任せして、こちらでは、雑