【センドク】読書ノート 210冊目|「品がいい」と言われる人-ちょっとしたことで「好感を持たれる人」「敬遠される人」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




参考になるかどうかはわかりませんが、読んだ本の感想などを書いています。結構、好き勝手なことを書いています。ネタバレもあります。

本を1,000冊を読もうと2018年9月に読書を開始しました。「挑戦・読書1,000冊」としてカテゴリーを新設しました。

1,000冊読書を「センドク」として、ブログのタイトルに付けて、統一したいと思います。

「読書ノート」としては、情報の不足が多々ありますが、参考になれば幸いです。

読書ノート

タイトル名:「品がいい」と言われる人-ちょっとしたことで「好感を持たれる人」「敬遠される人」

著者:鹿島 しのぶ (著)

読了日:2021年9月10日

全体的な感想

正直な感想として、これを読んだら品が良くなるというわけではありません。

品の良い人の例がたくさんあげられていますが、どうかな?と思うようなこともありますので、それぞれの生活感や感性の違いがあるのかもしれません。

ただ、品のない人の例には激しく共感する部分があります。

そこから、逆説的に考えれば、きっと品の良い人というのは、著書に書かれているような人だということは当たっているのかもしれません。それは、私の中に下品な部分があり上品な部分が無いことが原因かもしれません。

私の中に下品な部分が多いから、そういう部分に反応したということなのかもしれません。

品をよくするために必要なことも書かれているので、それが目的の人はそこだけ読むというのも良いかもしれません。

ひとつだけ良かったところをあげるなら

記憶に新しい世間の事件なども書かれていています。

それを例に「品」について書かれているので、理解がとても身近に感じます。

私の身近にも「品」の無い人がいて、それは、私の偏見かと思っていました。
けれども、その人は、この本に書かれていることにピッタリ当てはまっていました。

やっぱり… 品が無かったのね…と、私の感覚が間違いではなかったと安心する部分もありました。

1,000冊を読むためのルールは↓こちら

1,000冊を読もうと思ったキッカケは↓こちら

YouTubeチェンネル始めました

YouTubeチャンネル「回想模型」では、作り方や素材について
雑談を交えながら撮影したものを流しています。
お時間のある時にご覧ください。
チェンネル登録もお忘れなく。

毎週土曜日に動画をアップしています。
楽しく動画投稿を続けるために、編集、字幕設定等はしていません。
いろいろ時間をかけると手間がかかるし、そのうち面倒臭くなってしまいそうなので、台本無しの一発撮り。
自分が楽しく続けられるYouTubeを心がけています。
HowTo動画は、もっと上手な方々にお任せして、こちらでは、雑