香害の原因は鼻毛だった!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




最近、香りに敏感で苦手な香りがある。
洗濯洗剤や柔軟剤、そして衣類や部屋の香りをリセットするとための芳香剤などが私の鼻を刺激して、くしゃみが止まらず、鼻水も透明なものが止まらない。

そこで、いろいろ我が家の洗剤等を見直してみました。
それについて書いた記事は↓こちら

鼻毛が原因!伸ばしたら症状が軽減した。

無香料や天然素材由来のものに変更しました。
特に「花」の香りは人工的な香りが強いので、まず真っ先に変えてみました。

少しずつ他のものも変えていきましたが、一向に良くなりませんでした。

あるとき、気が付きました。

鼻毛を切ったり抜いたりした翌日以降からくしゃみ、鼻水が出だし、3日から一週間で緩和しているということに気が付きました。

もしかして「鼻毛」を短くしすぎることが原因かもと思い調べてみました。

鼻毛の切りすぎ・抜きすぎにより、粘膜が乾燥して鼻水が出やすくなり、空気中の細菌やウイルスが侵入しやすくなって風邪をひいてしまう恐れがあります。鼻毛は適度なお手入れが重要なほか、顔脱毛ができるエステサロンも試してみる価値はありますね。

上記URLにもあるように、鼻毛を抜くと鼻の穴に炎症を起こしたり、ドライノーズになるなど「鼻毛の手入れ」はほどほどにということが書かれていました。

確かに、カットではなく抜いた場合、毛根ごと抜けるので皮膚にはダメージが残ります。

これが炎症を起こします。また、鼻毛がなくなった分、香りの成分や花粉、ハウスダストが直接鼻の奥を刺激するので、くしゃみや鼻水が出ます。

これだ! と思った私は、鼻毛の手入れ方法を変えてみました。

すると、不思議なことに今までのくしゃみ鼻水が嘘のように治りました。

鼻毛の手入れ

鼻毛を抜くことは止めました。

そして、カットの目安として鼻から鼻毛がびよーんと出ていなければカットしないというルールに変更して、大胆にカットしすぎることをやめました。

このお陰で正常な長さの鼻毛は、この季節の花粉も防いでくれているようです。

鼻毛の手入れには、専用のカッターがあるようですがハサミで十分です。

笑顔を見せたとき、鼻毛が出ているようなら出ている毛先だけをカットする。これで十分。

長きにわたり悩んでいたくしゃみと鼻水、洗濯洗剤、芳香剤の関係についての問題は、これにて解決いたしました!