バカの壁は存在する。壊したりせず、その壁で馬鹿を囲い込むとすべてうまくいくという論法。

子供に、サッカーとバスケットボールを教えたとする。

しかし、サッカーはあまり上手にならない。

どうして、上手にならないかを聞くと「サッカーはあまり好きじゃない」

そう子供は答える。

親は、たとえサッカー選手になって欲しくても、好きではないスポーツは

やらせないだろうし、好きなバスケットに力を入れるように励ますだろう。

親は、サッカーが好きではない事に対して子供に怒りを感じるだろうか?

きっと、感じない。

このこのとは、同じ会社の仲間にも言えることだけど、忘れがちです。

報告・連絡・相談をしない社員に、いつも腹が立ち、その都度、注意する

けれど、直らない。毎度の事なので仕事に支障をきたす・・・。

腹が立ち、何とかその部分を直してほしいけれど、直らない。

相手は飄々としていて、間違ったことをしていない自分の方がストレスが

どんどん溜まってくる。

こういうこと、しょっちゅうですよね。

・・・・僕もそうです。

でも、自分が悪くないのに、自分が苛立つことは変な話です。

報告・連絡・相談を先程のサッカーに例えるとします。

その社員は、サッカー(報告・連絡・相談)があまり好きではないんです。

だから上手にならない。

そう考えればいいのです。

スポーツだと向き不向きを容認できても、仕事だと容認できない。

それをやめればいいのです。

報告・連絡・相談なんて基本中の基本で、できない人はいないと考えること

がほとんどだと思いますが、できない人もいる!という認識を持てばいいの

です。出来る人にとっては当たり前だけれど、できない人にとっては当たり

前ではない。

・・・それだけの事です。

このことを伝えると、決まって・・・

あなたは心が広いんですね!とか、報告・連絡・相談ができない○○さんっ

て愛されているんですね!という言葉が返ってきます。

いえ、いえ、違います。

○○さんは、報告・連絡・相談が出来ない人だと決めつけただけです。

世の中のほとんどの人が出来ることを出来ない人。

そう、レッテルを貼っただけです。

だから、心が広いというより、むしろ・・・狭い?(笑)

○○さんは愛されているのではなく、追い込まれているのです。

○○さんは、報告・連絡・相談が出来ない人。

○○さんは、XXが出来ない人。

そうやって、○○さんの出来る範囲がどんどん狭くなってきます。

出来ることが少ない人を会社は必要とするでしょうか?

こういうことを納得出来れば、イライラしないと思います。

・・・オノマトペ。