些細な事だけど、夏休み明け早々、ブチ切れました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




穏やかに過ごした夏休み明け早々、ブチ切れてしまった。

ネットで注文した商品が注文受付メールだけ届いて、そのあと1週間、何の返答もない。

注文した商品は、どこも廃盤で・・・

今回注文したお店にもないことは可能性として理解している。

恐らく、ネットショップの運営において、その商品を取り下げることを忘れているに

違いないが、もし、在庫があればラッキー!という気持ちで注文しました。

お盆休みも後半になり、8/15の夜、注文履歴をたどってみると・・・

「申し訳ございません。商品が見つかりませんでした。」と赤い文字。

・・・あー、やっぱりか。

商品のリンクをクリックしても”ページが移動または削除された可能性があります”と

表示されている。

あきらめることにしたのですが、注文をキャンセルするためのリンクがどこにもありません。

そもそもメールでの連絡が何もありません。

一番気になるのは、注文のキャンセルはいいのだけれど、お金やポイントはいつ戻るのか?

ここを聴きたい。

仕方なく、本日8/16に電話をしてみました。

受付の女性に、これまでの経緯を説明し、注文番号や氏名を伝えた・・・。

そして、注文が生きているのか?

それとも、キャンセルなら、お金はどのタイミングで戻るのか?

そういうことを連絡しないで「申し訳ございません。商品が見つかりませんでした。」とは

ちょっと、一方的すぎるので、状況を教えてくださいと伝えました。

この時ふと思ったのですが、こういう時って、まず電話を受けたら「折り返します」と言って

お客様に電話代を負担させないようにするのが、お客様対応だと思うのですが・・・。

ところが、この女性・・一通り僕の状況を聴いた後、「少々お待ちください。」と保留にし

次に電話に出たのは男性でした。

男性「はい?在庫の確認でしょうか?」

僕 「ん?いえ・・・」

男性「あの~・・・」

まったく、先ほどの女性から僕の伝えたいことが伝わっていない雰囲気1200%!

その時、僕はブチ切れました!

僕 「おい!いいから、電話してこい、今すぐ!」

男性「はい、表示されている電話番号・・・でよろしいですか?」

僕 「あー、そうだ、すぐかけてこい!」

そう言って、電話を切り連絡を待ちました。

この後は、その男性も状況を把握して電話をかけてきたので、話はスムーズでした。

しかし、どうなんでしょう?

やっぱり、こういうのはお客様に電話代を持たせてはいけないよ。

しかも、電話代をお客様に持たせているにもかかわらず、トンチンカンな伝言ゲーム。

さらに、電話代がかさむ。

こういう些細な事だからこそ、些細な事も当社が気を遣っています!という態度が

お客様の信用と信頼を得られるのではないか?

・・・オノマトペ。