洗濯機を買い替える前に自分で修理。1,000円以下で修理成功!あれから2年間、問題なく動いています!

引っ越しなどのタイミングで電化製品は一度に新調するパターンが多いです。

我が家もそのパターンです。

そのため、何かが故障し始めると連鎖でもしているのかというくらい、見事

に、いろいろな家電製品が調子悪くなります。

不便な事もさることながら、大金の出費に驚かされます!

だから、できるだけネットで調べて修理をする方法を探っています。

2年前の夏・・・・。

洗濯機がどうにも調子が悪くなりました。

以前より兆候はあったものの、調子が悪い時は叩いて喝を入れていました。

昔の人は、叩けば直る!とよく言っていましたが、本当にそんな風に思います。

けれど、叩いても、うんともすんとも言わなくなりました。

電気系統は生きているようですが、すすぎや脱水といった作業の切り替わり時

に止まってしまう事が多く、新品の購入前に思い切って修理をしてみました。

結果的に、それから2年、動いてくれています!

調子の悪い時もあるけれど、頑張って動いています。

たった800円ほどで2年も持ち直しているので、数万円の節約になりました。

僕の洗濯機は縦型の1層式で乾燥までは出来ない昔のタイプです。

故障?の原因

・「脱水」から「すすぎ」に移行しない

・「脱水」しても衣類がびしょびしょ

・ キュルキュルと音がする

電源が入るけれど動作しない場合は、限りなく修理が可能だと思います。

これらの原因は、モーターと洗濯層をつなぐベルトのゆるみがほとんどです。

また、ゆるみが無くてもベルトそのものの摩耗により”カラ滑り”をしてしまい

モーターが回っても洗濯層が回らない・・・

結果、電子制御が働き・・ ピー ピー ピー とエラー警告が出ます。

修理方法

洗濯機の奥・・・特にホースの中などに水が残っていますので慎重に作業を行

います。その為には、洗濯後すぐに修理をするのではなく、半日ほど置いた方が

良いです。

① 洗濯機を横倒しにします

洗濯機の種類によって構造は様々ですが、だいたいこのようになっています。

(写真:http://d.hatena.ne.jp/tomtom1ono/20110403/1301827947より)

洗濯層とモーターがベルトでつながっています。

ベルトは「洗濯機 ベルト 洗濯機の型番」で検索すれば見つけられます。

正式名称は「Vベルト」というらしいです。

だいたい、800円~1,000円で入手できます。

② ベルトを取り外す

洗濯機の機種により、どのネジを緩めればいいのかは各自の判断となります。

洗濯層とモーターのどちらかだと思いますが、固定しているネジ(ボルト、ナット)

を緩めることで2cmほど洗濯槽とモーターの距離が縮まります。

ベルトが緩みますので取り外せば、ベルトにも型番が書いてありますので、同じもの

を注文すればよいと思います。

③ ベルトの付け替え

届いたベルトを洗濯槽とモーターにかけます。

そして、②で緩めたネジ(ボルト、ナット)を軽く締めたら、モーターか洗濯槽か

どちらか動く方をハンマーなどでたたきながらモーターと洗濯槽の距離を広げて

いきます。

結果的にベルトがピン!と張った状態でネジ(ボルト、ナット)を締め上げます。

④ 掃除

ついでなので汚れている部分を掃除します。

排水のパイプの先や排水溝もきれいにします。

⑤ 洗濯機を起こし、元通りに設置します。

以上が流れです。

詳しい修理方法は、Tomのブログに書かれています。

僕もこちらを参考にさせて頂き、修理をしました。

ちなみに、業者に頼むと13,000円~が相場のようです。

洗濯機を買い替える前に、ぜひお試しください!

(Visited 10 times, 1 visits today)